2008年09月10日

☆沖縄から シークワーサー と ドラゴンフルーツ入荷

沖縄からフレッシュなシークワーサーとドラゴンフルーツが届きました!酸味たっぷりのシークワーサーはギムレットやダイキリにしてお勧めしたいですね ジントニックにしてもいいと思いますよ!ドラゴンフルーツは・・・どうしましょうか?フローズンスタイルかフルーツマティーニではいかがでしょう オーダーお待ちしてます
2008_0910魚 猫00352008_0910魚 猫0034

jagatkana at 18:13|PermalinkComments(0)カクテル 

2008年09月06日

☆RUM☆  セーラージェリー モカンボ20年 コイーバ

jagat kana jagatkana2008_07140050
ちょっと前に入荷したラム3種ご紹介です(6月には入荷してました・・・) 
セイラージェリー スパイスラム☆ 
アメリカでNo.1タトゥアーティストと言われ一時代を築いたノーマン “セーラー ジェリー” コリンズ(1911〜1973)。
19才で米海軍に入隊し東南アジアの芸術や色彩に触れ、
その後タトゥーアーティストとなった彼は、
それまでにないカラフルなデザインのタトゥーを世に広め、多くの伝統を残しました。彼のデザインを使用したグッズやTシャツなどを販売している
SAILOR JERRY STOREでも
人気の高いフラガールのデザインをラベルに使用したこのラムは、
長い航海に退屈した海兵たちが作っていたネイビースタイルのラムを、
ジェリーが好んで飲んでいたオリジナルのレシピに基づいて再現したもの。 
ヴァージン諸島で蒸留したラムに、バニラ、ライム等のスパイスをブレンドしています ¥900

モカンボ20年☆ 
メキシコ産。ヨーロピアンホワイトオーク樽を使用し20年熟成のシングルバレルラム。極めてまろやかな味わい¥1000

コイーバ8年
シガー好きにぴったりのコイーバラムです¥800



2008年09月03日

ベルギー ジン 2種

2008_07140047

実はベルギーはジンの生産量もかなりあるのですが日本ではあまり知られていません 古いスタイルでつくられた少し甘いタイプのジンはイギリスのドライジンとは一味違う柔らかい香りの魅力のあるジンです

ブルージュでビアカフェばかり廻って違うものが飲みたくなったときベルギージン専門のバーを見つけました 正直初ベルギージンでしたが、久々飲むスピリッツはおいしかった!オランダのジュネバに近い味わいで、やわらかい甘みのあるタイプが多かったと思います イギリスのドライジンほどジュニパーやスパイスが強く効いてるわけではないのである意味飲みやすいと思います ベルギージンバーの隣にはジン専門ショップのようなお店があってこの2本はそこで購入したものです といっても時間がなくぱぱっと選んだだけなのですが・・・
ベルギージンはほとんど輸入されてなかったと思います 興味のあるかたは是非どうぞ 追記:ゲントのホップデュベルで買ったジュニパーベリー置いてます(ホームブリュワリー用だと思います) 香りを嗅ぎながら・・・なんていうのもいいんじゃないでしょうか



2008年09月01日

今週入荷のベルギービールご紹介 ルーベコイズ&スペシャルブロック

100
ルーベコイズ
カナダ産のメープルシロップを使用したストロングダークエールです。メープルシロップと酵母の香りと共に、トーストのような味わいと絶妙なメープルシロップ特有な風味がミックスされています。ドライさの中にも甘みが感じられます。8℃位が適温です。
093
スペシャルブロック6 
醸造所はランビックビールが造られる地域に隣接した地域で、昔のレシピを基に造り出した「ざくろ果汁」入りビールです。色は赤みがかったブラウン、爽やかなホップの苦味とフルーティな酵母の味わいが特徴です。この醸造所のビールは全て開放されたタンクで造られています。飲み頃温度8℃です


2008年08月30日

あて 手作りレーズンバター ピクルスなど・・・

サブ横
最近のおすすめの冷菜です  
○たっぷりマイヤーズラムに漬け込んだレーズンでつくったレーズンバター 
 モルトやコニャックにぴったりです もちろん長熟ラムにも!
○スパイシーピクルス
 僕好みの、スパイスたっぷりのピクルスをつくりました ピルスナーやベルギーエールなどに合いますよ
○セミドライトマトのオイル漬け
 低温オーブンに2時間いれたセミドライトマト カクテル、ワインにどうぞ
○牛腿肉のタタキのカルパッチョ
 バルサミコでつくったソースとよく合います ワインに! 

またチーズもいい状態で常時10種以上ございますのでお好みでどうぞ





jagatkana at 15:05|PermalinkComments(1)フード 

2008年08月05日

スプリングバンク ヴィンテージ1997 バッチ2

1011444-1
スプリングバンク ヴィンテージ1997のバッチ2入荷しました

熟成樽はバッチ1同様、リチャーしたオロロソシェリーバットです。2度ウイスキーを熟成した後、サードフィルとなる今回の前に、再度チャー(樽の内側を焦がす)し直し、樽の持つ熟成作用を高めています。昨年のバッチ1からさらに1年熟成され、加水、カラーリング無しのナチュラルな状態でボトリングされています。
香りは赤いリンゴ、バナナ、オレンジとバニラ、トーストしたマシュマロで、塩気よりも甘い香りが前面に出ています。シェリーカスクらしいマーマレード、チョコレートのフレーバーに、オートケーキと土っぽさとピーティさが複雑に交じり合っています。
フィニッシュは甘やかで温かみのある余韻が長く続きます。


ヴィクトリアンヴァット シングルカスク 入荷

yamaichi_51069
前回入荷してあっという間になくなったキングスバリー ヴィクトリアジンのシングルカスクが入荷しました 前回とは樽違いなので度数も違います ヴィクトリアヴァットには通常市販されているジンの2倍以上のジュニパーが使用されており、シトラスフレーバーが主流の現在のジンよりも強烈なジュニパーとスパイシーな香りが特徴的ですがこちらのシングルカスクはその個性をよりはっきり感じ取ることができます お早めにどうぞ
  

アードベグ ルネッサンス入荷

06061642
1998年に蒸留、2008年に瓶詰めされた「ルネッサンス」は、ピーティな熟成の極みに達しています。ピート香とスモーク香が最も強く感じられるカスクストレングスで、舌触りや口当たりの良さを最大限に保つ為に冷却濾過も行っていません。
トロピカルフルーツの果汁の浸したピートが、焦がしたバニラやホットシナモンのスパイスと溶け合っているようであり、爽やかで新鮮なパイナップルの風味の奥には、クリーミーなモルトや芳しい花、温かさを感じさせるオークの豊かな風味が感じられます。
どの風味も、ピートオイルとぶつかり合って共存し、力強さを感じさせる仕上がりです。

10年への道シリーズの中で一番好きですね 若いのもいいんですが、これぐらいの熟成感があるほうがアードベグの良さがよりでるような・・・スティルヤング以外は在庫ありますんで飲み比べてみてください

「アードベッグ10年への道シリーズ」

アードベッグ・ベリーヤング    熟成年数6年  若々しくフレッシュで刺激的
アードベッグ・スティルヤング   熟成年数8年  ソフトでクリーミーな甘さが出てくる
アードベッグ・オールモストゼア 熟成年数9年  スモーキーさに潮の香りが複雑
アードベッグ・ルネッサンス    熟成年数10年  ピーティな熟成の極み




2008年07月18日

最近よくかけるアルバム・・・Melody Gardot  Worrisome Heart

先月ぐらいからよくかけてます・・・深夜にさしかかるぐらいからですかね ノラ ジョーンズと比較されるみたいですが、確かにノラ好きならお気に入りになると思います が、より内省的な感じが強いです 音はジャジー&スモーキー 初期トムウェイツな香りもあります 最近Adeleとともにお気に入りです

31ufJjgV7CL__SL500_AA180_

jagatkana at 04:04|PermalinkComments(0)MUSIC 

巨峰とカシスのカクテル

今月から9月ごろまでのお薦めカクテルです
巨峰を果皮ごとクラッシュして漉したものに、ドライジン、クレームドカシス、トニックを合わせてお作りします 葡萄はジンと相性がいい気
がするんで、うちでは大体ジンベースをおすすめします 
こちらをフローズンスタイルにしたものもございますので、
その日の気分でオーダーしてくださいね
D

jagatkana at 03:49|PermalinkComments(0)カクテル 

2008年07月15日

タリスカー ノース 57°

ユーロ圏の空港ショップなどで販売されているらしいタリスカー ノースが入荷しました!スカイ島の緯度に合わせて57度詰めらしいです(免税向けっぽい設定ですね) カスクものらしくスモークもしっかり効いてます ヴィンテージはないのですが12〜15年ぐらいでしょうか?おすすめです ¥1200  

2008_07140045

グレンモーレンジ NEW LINE UP ご紹介

昨年より発売のグレンモーレンジの新しいラインナップ揃いましたのでご紹介します
左 キンダ ルバン  (ポートフィニッシュ) 
中 ラサンタ     (シェリーフィニッシュ)
右 ネクタードール  (ソーテルヌフィニッシュ)

46度詰めで樽の影響もしっかり感じられます 特にソーテルヌは評価も高く、以前出たソーテルヌ(イケム?)カスクが結構ハイプライスだったので是非お試し頂きたいと思います
3種のテイスティングもしてますのでお気軽にどうぞ ¥1500
     それぞれ1ショットは 各¥1000です

2008_07140044

jagatkana at 16:28|Permalinkモルトウイスキー 

2008年07月14日

モヒート

ミントがたっぷり入ったモヒート&フルーツモヒートの季節になりました!
バカルディさんのHPにも詳しく載ってますが、ジャガトでもフルーツモヒート
色々やってます おすすめはグレープフルーツモヒート、パイナップルモヒートですが、その日入荷のフレッシュフルーツでのさっぱりモヒートをお楽しみください

↓バカルディさんのHPです

http://www.esjapan.com/cocktail/mojito/index.html

main_imgcocktail_img1

jagatkana at 17:17|PermalinkComments(0)カクテル 

今月のおすすめカクテル 1

今月のおすすめカクテルの一部ご紹介します

手前のが“すいかのカクテル”毎夏恒例のウォッカベースのカクテルです 粗めにクラッシュしたすいかがたっぷり入ってます ¥900

右は“アップルマンゴーのフローズンカクテル”ラムベースのカクテルです デザートカクテルのおすすめです ¥1000

奥は“キウイのマルガリータ”テキーラベースでキウイの酸味がさっぱりした味わいのカクテル こちらも果実感を感じるように仕上げました¥900

その他、巨峰のカクテル、桃のカクテルなどあります 夏はおいしいフルーツがたくさん出ますのでおすすめカクテルもたくさんあります! 写真とったらあげていきますね 

サブたて

jagatkana at 16:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)カクテル 

2008年04月16日

新入荷チーズ ご紹介


フェセル シェーブル

新鮮なミルクを使ったフレッシュなシェーヴル。“フェセル”と呼ばれる水切り籠に入った真っ白いチーズは、ほんのりとした酸味、山羊乳のみずみずしさが感じられます
592-2

アフィネ オ ゲヴュルツトラミネール

「マンステール」を、地元の白ワイン「ゲヴュルツトラミネール」のマール酒で洗いながら熟成させています。表皮は淡いオレンジ色でしっとりとぬれたように光り、香りは個性的でやや強めですが、食べてみるとミルキーで濃厚な旨みの余韻が長く続きます。

FERMIERさん HPより

228-2

jagatkana at 16:14|PermalinkComments(0)チーズ 

久々 ヘンドリクスジン入荷

img1031737721
当店でも人気のあるジン しばらく切らしてましたが久々入荷しました

グレンフィディック,バルヴィニーを所有するウィリアム・グランツ&サン社のリリース。伝統的なレシピによって造られた手作りの“ハンドクラフト・ジン”。
ジュニパー、コリアンダーやシトラス系フルーツのピールをふんだんに使用しただけでなく、さらに「独自のレシピ」といわれる所以はなんと、フレーバーに”きゅうりとバラの花びら”を使用。
華やかでフローラルな香り、優しい飲み口、ジュニパーの香りも心地よく、極めて上品な味わい。
2003年サンフランシスコ・スピリッツ・コンペティションで金賞・受賞。

                         1SHOT  \1000

2008年03月18日

おすすめ赤ワイン ウィーマラ ピノノワール

f04322
最近おすすめのオーストラリアのカジュアルピノです ラベルもいいですよね

シナモンや木苺のフレッシュなアロマに柔らかい芳醇な香り。滑らかでエレガントな味わいです

グラス800 ボトル4500

ネロとパトラッシュのビール入荷してます

41125
“フランダースの犬”に因んでアントワープ郊外のホーボーケンで最近つくられているビールです アニメと違ってあんまり可愛くないラベルですが、おいしいエールですよ  

ネロというブロンドタイプと
パトラッシュというアンバータイプがあります

昨秋ベルギーをまわったときこの醸造所行く予定でトラムにのったのですが・・・たどり着けませんでした 

ベルギーのトラムには結構泣かされました・・・路線図見つからず、案内板見つからず、次の駅の表示も無い・・・旅行者には厳しかった! 

新入荷チーズ ラ ロッサ  

997-2
桜の葉の塩漬けにくるんで熟成させた山羊乳のチーズです

桜餅のような香りのする春らしいチーズです



日本とイタリアのコラボレーションチーズ「ラ・ロッサ」。
「ロビオラ・ロッカヴェラーノ」や「ロビオラ・フィア」等の山羊乳製チーズを得意とするイタリア・ピエモンテ州にあるCORA社のアトリエに、西伊豆の大島桜の若葉の塩漬けを送って生まれたのがこのチーズです。

(フェルミエさんのHPより)


jagatkana at 06:00|PermalinkComments(0)チーズ 

2008年03月02日

地図 アクセス

yahooロコのジャガトカーナのページのアクセスページにリンクしています 下の地図という文字をクリックして頂くと
表示されます

〈スマートフォン・携帯の方〉ジャガトカーナ地図はこちら

〈pcでご覧の方〉ジャガトカーナ地図はこちら


jagatkana at 00:02|PermalinkComments(0)地図・アクセス 
Shop Info.
Archives
Recent Comments
Japanese or English