カクテル

2017年11月10日

『ラフランスのカクテル』

DSCF4438













ラ・フランスの季節になりました 冬恒例のラ・フランスを搾っておつくりするカクテルをご紹介します  

主に山形産のラ・フランスを使い、熟しすぎないフレッシュ感の残る状態のものをピュレ状にしておつくりしています

ねっとりと、そして何とも言えないセクシャルな香りが魅力的なフルーツ 生食でも美味しいんですが、カクテルとしてより美味しさも際立つんじゃないかと思います

メニューには

『ラ・フランスのカクテル』(ウォッカベースでお作りします) ¥920

『ラ・フランスのエスプモーソ』 (ラフランスのピュレをスパークリングワインと合わせて) ¥1030

『ラ・フランスのフローズンカクテル』 ¥1030

の3種をご用意しています

また熟した果実をたっぷり使った『ラフランスのフルーツマティーニ』もお勧めですよ


jagatkana at 21:00|PermalinkComments(0)

2017年10月11日

『ずく柿のフルーツマティーニ』『ずく柿のフローズンカクテル』

2017-10-11-21-04-09


とろりとした食感と秋感たっぷりの完熟柿を使った『ずく柿のフルーツマティーニ』です

2017-10-11-21-06-03


「ずく柿」と呼ばれるとろっと熟した柿のある日のみお作りできます

ジンベースでおつくりしていますが、コニャックやラムでより濃厚にしても美味しいですし、ウォッカで柿の旨味をシンプルに味わうのもおすすめです  

また、濃厚な甘さを持つフルーツですのでフローズンスタイルでもおすすめですよ 

毎日のものではないですが、ある日にはかなりおすすめカクテルです



jagatkana at 20:51|PermalinkComments(0)

2017年09月02日

『青柚子のモスコミュール』

2017-08-29-00-54-59


青柚子、入荷しました 黄色く熟した柚子の果汁ももちろん大好きなんですが、青い時期の酸強めの青柚子はカクテルによりよく映える気がします

香りも強く、ギムレットなどにするといい感じ 種が取りにくいのが、すだちと一緒でこちら側としては難点ですが・・・

レモン、ライムを使うカクテルのアレンジメントとしてオーダーください 例えば・・・『青柚子のジントニック』『青柚子のマルガリータ』『青柚子のモスコミュール』など・・・

カクテルにお作りするときには、果皮のビター感もカクテルに乗るように搾っています 青柚子の香り、味わいを満喫できるカクテル、お楽しみください



jagatkana at 12:00|Permalink

2017年08月30日

『すだちのギムレット、ジントニック、マルガリータ・・・』

2017-08-29-00-54-28


徳島産すだちの季節です 

この時期、一番いいすだちの出回る季節です 個人的にもそうめん、うどん、味噌汁、焼魚、肉にもサラダにもひたすらすだちを遠慮なく搾れる季節になりました

柑橘の中でも、香りの立ち方、存在感、かなり好きなフルーツです なので、この時期はジントニック、ギムレット、ダイキリ、マルガリータ・・・とレモン、ライムを使うカクテルをスダチに変えたレシピで積極的にお勧めさせて頂いてます

秋の香り、さっぱりと美味しいカクテルです ぜひどうぞ

jagatkana at 02:40|Permalink

2017年08月08日

『バーモンジー トニックウォーター 』入荷です

2017-08-03-20-50-50


興味深いトニックウォーターが入荷しました 8月から日本で発売されたばかりのニューカマー、


『バーモンジー トニックウォーター 』です 

インポーター資料によると

「ロンドンのバーモンジーにあるジン専門バー「214 Bermondsey」で生まれた、キナ由来の琥珀色と苦味が特徴のトニックウォーター このバーのオーナーであるニック・クリスピーニとバーマネージャーのローレンス・メイソンは、数多くのジンを扱う中で、ジンの個性を本当に活かしきれるトニックウォーターがないため、自分たちでつくることを決意 試行錯誤の末、シロップのような人工的な味わいの大量生産されるトニックウォーターではなく、口当たりと切れ上がりが良いハンドメイドでつくられるBTWが誕生しました」とのこと

着色したかのような琥珀色ですがキナ由来のものだということ キナ要素を強く持ったトニックウォーターと言えば、ジャガトでもご紹介していた『フィーバーツリー プレミアム トニックウォーター』が代表格ですが、こういったよりマニアックな要素を持ったトニックウォーターもどんどん生まれてくるんでしょうね

そのままとジントニックにしてテイスティングしてみました

2017-08-07-23-29-39


そのまま、香りはあまり強くないですが飲むとドライでスパイシーです キナ由来であろう木皮の苦みと、柑橘ぽい酸をしっかり感じます 舌に乗った後は甘みもありますし、炭酸の切れ上がりと相まって飲みやすいのど越し 薬草臭さもないですし、ビター感ある炭酸飲料といった感じ 正直もっとビター感あるものを想像していたので、意外な飲みやすさに驚きました

2017-08-07-23-29-29


ジントニックに・・・ジンはジャガトのカクテルのハウスジン、『ビーフィーター47度』です バランスよくどんな副材料とも相性良いジンだと思っています ビターな感じがジンのボタニカルからくるビター感、スパイシーさに上乗せされる感じ ライムを搾りましたので酸が強くなるかと思いましたが意外と苦み感がより分かりやすく出てきました 他のスピリッツでも良いでしょうが、やっぱりジンと合わせてこそ、な感じがしました

面白いトニックだと思います 意外と個性派でないのも、おそらく様々なクラフトジンを楽しむためのベースになるようになんじゃないかな、と思いました スパイス感が強いもの、独自のボタニカルの要素が強いもの、シトラス感の強いもの、どれも元のジンの個性を活かしたまま、ジントニックに仕上がると思います

ジャガトではジントニックの基本レシピは20年以上決まってますので、こちらの『バーモンジー トニックウォーター 』も、スポット入荷になるとは思いますが、数ケースありますので、夏の間は常備していると思います 通常のジントニック+¥150にてのサーブになります お好みのクラフトジンでお試しください また、8月いっぱいは『バーモンジー トニックウォーター 』でのジントニックに限り、ハーフで2杯でのご提供もできます 2種類のジンでの飲み比べもお楽しみください こちらも通常のジントニックの半額×2杯+¥150でご提供いたします

そういえば『フィーバーツリー プレミアム トニックウォーター』をブログでご紹介したのが2012年7月25日、おおよそ5年前です 未だ、今ほど本格的にクラフトジンブームが来る前でしたので、少し高めのこのトニック、売るのにまあまあ苦労しました 今なら興味持たれる方も増えてるんでしょうか?

ちなみに『フィーバーツリー プレミアム トニックウォーター』のブログ記事の写真、

写真 12-07-10 21 45 30


NAVERのフィーバーツリーのまとめ記事に勝手に使われていますが、ジャガトは関係してません

写真 12-07-05 20 52 32


また、よりスパイシーな夏向きカクテルがご希望の方は、山椒、レモングラス、クローブなどなどたっぷり使った自家製ジンジャーに四万十産の新生姜を搾った、ジャガトの定番『新生姜のジンバック』『新生姜のモスコミュール』などもおすすめですよ 













jagatkana at 00:05|Permalink

2017年08月03日

『mojito! イエルバブエナ 大量入荷です』

2017-08-01-19-18-46


モヒートの話です・・・

ここ2週間ほどで、自宅で栽培のミントが軒並み虫にやられました!結構気を付けてたと思うのですが、かなり食い荒らされたのでいったんリセット、新しい元気な苗に植え替えることに・・・

スペアミント、ペパーミントは先週植え替えが終わり、現在新しい苗から少しずつ育ってきています イエルバブエナもここ数年、同じ株から広げていたのでこのタイミングで新しい苗にすることにしました

2017-08-01-19-19-10


で、いつもイエルバブエナを送ってもらっているところから、今日大量にイエルバブエナ届きました

1束分ぐらいは、水に浸してある程度成長させて、土の方に植え込んでいこうと思ってます それ以外はこれからお盆頃までのジャガトのモヒートに活躍してもらおうと持っています

過去記事『イエルバブエナ、スペアミントのモヒート』にて、ミント、イエルバブエナご紹介しております

結構届きましたので、しばらくイエルバブエナメインのモヒート、お作りできるかと思います イエルバブエナのモヒート、是非お試しください



jagatkana at 03:11|Permalink

2017年07月17日

『巨峰のカクテル』

Bar JAGAT KANA2

巨峰のカクテル、はじまりました

色々な葡萄が出回る時期で、それぞれ美味しいのですがやはりカクテルにお使いする葡萄でおすすめは、巨峰ですね 甘さと酸味のバランス、渋み、コク、とスピリッツとの相性は抜群です

巨峰のカクテルは、毎年ジャガトの夏の定番になってますので飲んで頂いた方も多いと思います 

巨峰をオーダー毎に果皮ごとペストルでクラッシュしたフレッシュで美味しいおすすめカクテルを各種ご用意しています 

メニューに掲載してますのは、



巨峰のカクテル(ジン、巨峰、カシスを使ったロングカクテル)・・・・・・920

巨峰のエスプモーソ(巨峰を皮ごとクラッシュして、スパークリングワインで割ったもの)・・・・・・・・・・1030

巨峰のフローズンカクテル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1030

これ以外巨峰のフルーツマティーニなどもおすすめです また、ノンアルコールでもおつくりできます ご希望にあわせてお作りしますのでお申し付けくださいね




jagatkana at 19:00|PermalinkComments(0)

2017年07月14日

『パッションフルーツのカクテル』

2012-08-20 22:02:26 写真2


『パッションフルーツのカクテル』の時期になりました 

今年も鹿児島の実家より美味しそうなパッションフルーツが届きました 食べごろのサイン、表面にシワの入ったものも結構あるので早速おすすめしていこうと思います

image


7月あたりから9月頃まで人気の『パッションフルーツのカクテル』です イメージ的にも夏!といった感じですね
個人的にもパッションフルーツの香りが好きでこの時期は半分に切ってスプーンですくって種ごと食べたり、また切ったくぼみにジンやらラムやら、カバなんかを入れて飲んだりすることもあります 

ジャガトでもカクテルにする際、種ごとグラスの注ぎ、果肉のつるっとした感じと種のプチプチした感じを丸ごと楽しんで頂けるようにおつくりしています

夏気分を味わう『パッションフルーツのカクテル』、お楽しみ下さい 

ラムベースでおつくりすることが多いですがジンとの相性もいいです お好みでお召し上がり下さい

¥970






jagatkana at 02:00|Permalink

2017年06月26日

『モヒートの季節です』

2016-05-31-11-19-09


モヒートの美味しい季節になりました 日本でもすっかり定番になった感のあるモヒート 

フレッシュミントと、ホワイトラム、ライムのざく切り、少しのミントシロップ、ソーダのさっぱりカクテルです

DSCF6092


モヒートに使うミント、冬場などはハウス栽培などのものを購入していますが、ジャガトカーナでお使いしているミントは春先から秋口ごろまでは自家栽培のもの なので、これからの時期はベランダ、ちっちゃい庭の7,8割がミントの鉢、プランターになります 直植えの方が大量に出来るのですが、他の雑草とかと交雑して香りも弱くなりますし雨、日当たりなど管理しにくくなりますので、鉢やプランターで育てています

上の画像はイエルバブエナ 数年ここ最近の天気と雨でぐんぐん成長してきました 野性味ある香りがベランダに広がっています

イエルバブエナは日本ではほぼ流通してないラテンアメリカのミントの一種

以前こちらの記事、メキシコ旅行記2010 vol.8 イエルバブエナのモヒート in グアダラハラ でもご紹介しましたが、メキシコのバーではこのタイプのミントを使ったモヒートが一般的な感じがしました 

またモヒートにとても合う爽快感のあるミント、スペアミントも芽吹いてきています

2016-05-31-11-19-20

これとあとクールミント、ペパーミントのプランターがあります

イエルバブエナ、スペアミント、ペパーミント、クールミント、その日いい感じのものを摘んできてお使いしようと思っています

日によっては1種類のミント、また日によっては2種、3種のミントのミックスでのモヒートをおつくりします 2種類ある日も多いと思いますので、単一品種でのモヒートをご希望の方はお問いかけください

モヒートのベースにはモヒート発祥のときに使われたバカルディ(革命前のキューバでつくられていました)をお使いしています メキシコでもバカルディで作っているところが多かったと思います 

ノンアルコールのモヒート、モヒートスカッシュもお作りできます フレッシュミントにモヒートミントシロップ、ライム、ソーダでおつくりするノンアルコールのモヒートです お酒飲めない日、また飲まない方にもおすすめです

この他、フルーツモヒート、フローズンモヒートなどお好みでお楽しみください





jagatkana at 20:08|Permalink

2017年06月16日

『アメリカンチェリーのカクテル』

2017-06-07-22-12-04


アメリカンチェリーが入荷してきました 

この時期はこちらのアメリカンチェリー、山形産佐藤錦など、日によって入荷は変わりますが、サクランボのカクテル、おすすめしております

2017-06-07-22-11-33


アメリカンチェリーは濃厚で酸味も甘みもしっかり感じることのできるフルーツ つまみ食いしてしまうこともしばしばです カクテルにすると、甘酸っぱい美味しさたっぷりの仕上がりになります

メニューにはこちらを掲載しています

『アメリカンチェリーのカクテル』

アメリカンチェリーにホワイトラムと少しクレームドカシスを加えたロングカクテル ¥970

『アメリカンチェリーとヨーグルトのスムージーカクテル』

ヨーグルト、ヨーグルトリキュール、ウォッカとアメリカンチェリーのカクテルです ¥970

ノンアルコールのスムージーでもおつくりできます ¥870

また、『フレッシュアメリカンチェリーのチェリーブロッサム』もおすすめです

コニャックとアメリカンチェリーを使ったクラシックカクテルのバリエーションです ¥1030

それほど長くないさくらんぼの旬の時期 ぜひこの時期にどうぞ



jagatkana at 18:00|Permalink

2017年04月09日

『ポメロのカクテル』

2017-02-21-22-21-05


前回ご紹介の『タンカンのカクテル』に続き、鹿児島産『ポメロ』が届きましたのでご紹介

『ポメロ』はグレープフルーツとザボンを交配したものだそうと言われてますが、ポメロの和名が文旦であるとも言われています 実際、ジャガトでも人気のドライフルーツのポメロはタイ産なのですが、これは取り扱いの業者さんも『日本でいうと文旦です』と言ってることもあり、ジャガトでも『文旦のドライフルーツ』です、といってお出ししています 文旦同様、さっぱりして苦みも少なめ、誰もが好きな感じの柑橘じゃないかな、と思います 僕も文旦、ポメロ、どちらも好きですし、晩白柚やザボンなんかよりも手に入りやすいので良くジャガトの『和柑橘のカクテル』でも活躍するフルーツです

たくさん届いたので暫くお出しできると思います 『和柑橘のカクテル』の中でおすすめさせて頂きますので是非ご賞味ください

jagatkana at 18:00|PermalinkComments(0)

2017年02月22日

『屋久島たんかんのカクテル』

2017-02-21-22-16-01


やっと届きました!鹿児島の実家より美味しそうな屋久島産たんかんです

2017-02-21-22-20-40


写真はたんかんのフルーツマティーニ

例年、楽しみにして頂く方が増えて嬉しい限りなのですが、2月のどの時期で届くかが毎年わかりません 来ていただくたび「まだ?」と聞かれるのも心苦しい感じになってきた時期ですが、今日結構たっぷり届きました

たんかんはポンカンとネーブルオレンジの自然交配で生まれたタンゴールの一種らしく、柑橘系の果物の中では一番糖度が高いことが特徴 果汁にはみかんの約2倍のビタミンCが含まれているそうです

屋久島、奄美大島、沖縄などで作られています 奄美の黒糖焼酎をたんかんで割って飲んだことがありますが、柔らかい甘みで美味しかったです

ジン、ウォッカ、ラム、テキーラ、どのスピリッツとも相性ばっちりです また、ピーチリキュールやマンゴーリキュールと合わせても美味しいですよ 

『和柑橘のカクテル』『3種の和柑橘のファジーネーブル』などの季節メニューでお使いしております

また、この時期は様々な和柑橘の美味しい時期です!たんかん以外にもはっさく、ぽんかん、いよかん、でこぽん、はるか、金柑など美味しい和柑橘のカクテル、お楽しみ下さい


jagatkana at 01:30|PermalinkComments(0)

2016年12月01日

『いちごのカクテルの季節です』

画像1

『いちごのカクテル』

画像2

『いちごのエスプモーソ』

今年も美味しそうないちごがいよいよ出回り始めました さぬき姫、また時期によってさちのか、豊の香、あまおう、女峰・・・・旬の状態のよいものをお使いする予定です 

いちごは季節のフルーツカクテルの中でも、やはり1,2を争う人気のフルーツです 

メニューに掲載の定番カクテルは・・・

  いちごのカクテル・・・・・・・・・・・・・・・・920

 いちごとウォッカを合わせた甘くて飲みやすいロングカクテルです

  いちごのエスプモーソ・・・・・・・・・・・・・・・・・1030

 いちごをカヴァ(スペインのスパークリングワイン)と合わせたカクテルです

  いちごのフローズンカクテル・・・・・・・・・・・・・・1030

 いちごとホワイトラムでおつくりするこの季節のフローズンカクテルです

以上です もちろんベースになるお酒などのアレンジは出来ますのでお申し付けください

また、季節のフルーツマティーニにも今月より『いちごのフルーツマティーニ』がラインナップされます 『いちごのフルーツマティーニ』は個人的にも好きなカクテルです お勧めですよ




jagatkana at 22:56|PermalinkComments(0)

2016年10月13日

『洋梨のカクテル マルゲットマリラで』

2016-10-12-22-56-02



初めて入荷する洋梨です 『マルゲットマリラ』という名称 なんかフルーツぽくない名前ですね

ジャガトで通常お使いする洋梨と言えば『ラ・フランス』ですが、時期的にはもう少し遅め  この『マルゲットマリラ』は、洋梨の中では早めの収穫、出回る品種だそうで9月ごろより予約 10日前に届きましたが、まだまだ固い状態でしたので自宅で追熟させ、昨日あたりから色も食べごろと言われる黄金色にかわり、いい香りが漂うようになりましたので、今日からカクテルでお出ししたいと思います

2016-10-12-22-54-24


初めて聞く品種だという方も多いと思いますので調べたことを少しご紹介

1874年に、フランス、リヨン市郊外のクラボンにて、マリーラ氏により発見された品種でマリーラ氏の名をとって名付けられたそう 

とろとろに熟した果肉はクリーミーでそのまま食しても美味しいです 香りもすごく良く、果汁もたっぷりで、スピリッツと加えるだけで美味しいデザートカクテルが出来上がります

数箱届いてますのでしばらくお出しできるとは思いますが、一気に完熟してますので、熟し具合によっては早めにメニューから消えるかも・・・

洋梨のカクテル、洋梨のエスプモーソ、洋梨のフローズンカクテル、またフルーツマティーニもおすすめですのでぜひお試しください


 

jagatkana at 00:30|PermalinkComments(0)

2016年09月13日

『和梨のカクテル』

DSCF3558

今年も和梨のカクテル、はじめました

少し前から出回りだした幸水梨、旬の季節になり美味しそうに実成りしたものが入荷してきています

季節中に次々と入荷する品種が変わってきますので『和梨のカクテル』というくくりでお勧めさせて頂いてますが、幸水、豊水、南水などのジューシーなタイプの和梨をお使いしておつくりしています

今は幸水がいいのが出回ってますのでそちらをお使いすることが多いですね

2012-08-28 01:01:10 写真1


大分、日田産の梨を使って作られる『梨園』というリキュールをベースにウォッカを少し、それとフレッシュな和梨を使っておつくりします  『梨園』は糖度が高い品種「豊水」と香りの良い「新高梨」を使って作られた梨の品のいい香りが美味しいリキュールです

ゆるくミキサーにかけてシャリシャリした和梨の食感を残してお出しする秋のおすすめカクテルです ぜひどうぞ

¥870

jagatkana at 23:42|PermalinkComments(0)

2016年09月10日

『スダチのカクテルです』

DSCF6175


少し前より徳島産のすだちが入荷しています

すだちの強いけど柔らかい酸味と香りは、レモンやライムなどとはまた違った風味をカクテルに加えてくれます 

ジャガトでは毎年この時期は、通常のレモン、ライムを使ったカクテルをすだちに変えたものをお勧めしております
DSCF6184


『すだちのジントニック』が一番の定番ですが、モスコミュールなど他のベースのロングカクテル、ダイキリ、ギムレット等のショート、またフローズンマルガリータやフローズンダイキリなどにしても美味しいですよ

個人的にも大好きな柑橘、暑い時期は素麺、うどんの出汁にたっぷり、刺身の醤油にもたっぷり、冷や奴にも焼き魚にも・・・と自宅でも高頻度で活躍します

ホワイトスピリッツどれと合わせても美味しく仕上がりますが、個人的にはジン、それからテキーラとの相性がかなりいい気がします

『すだちのジンリッキー』『すだちのダイキリ』『すだちのモスコミュール』『すだちのマルガリータ』・・・・ライム、レモンにない魅力がしっかり出たカクテルに仕上がります

レモン、ライム系のカクテルはどれも変更できますので、色々な『すだちのカクテル』、お楽しみください



jagatkana at 17:00|PermalinkComments(0)

2016年09月08日

『和梨のカクテル』

DSCF3558

和梨のカクテルのご紹介

少し前から出回りだした幸水梨、豊水梨、旬の季節になり美味しそうに実成りしたものが入荷してきています

季節中に次々と入荷する品種が変わってきますので『和梨のカクテル』というくくりでお勧めさせて頂いてますが、幸水、豊水、南水などのジューシーなタイプの和梨をお使いしておつくりしています

2012-08-28 01:01:10 写真1


大分、日田産の梨を使って作られる『梨園』というリキュールをベースにウォッカを少し、それとフレッシュな和梨を使っておつくりします  『梨園』は糖度が高い品種「豊水」と香りの良い「新高梨」を使って作られた梨の品のいい香りが美味しいリキュールです

ゆるくミキサーにかけてシャリシャリした和梨の食感を残してお出しする秋のおすすめカクテルです ぜひどうぞ

¥870




 





jagatkana at 15:00|PermalinkComments(0)

2016年08月23日

『シャインマスカットのカクテル』

image


香川県産のシャインマスカットのカクテル、おすすめしております

シャインマスカットは2006年に品種登録されたばかりのまだ新しい品種の白ブドウです マスカットの香りと高い糖度が特徴で果皮ごと食べることができます 

なので、果皮ごとミキサーにかけジン、マスカットリキュール『ミスティア』で香味のバランスを見ながらおつくりしています 葡萄の香味はジンと相性がいい気がします

個人的にも巨峰とともに食べるのも好きな葡萄です 

『シャインマスカットとジンのカクテル』 『シャインマスカットのエスプモーソ』 『シャインマスカットのフローズンカクテル』 『シャインマスカットのフルーツマティーニ』 など・・・

淡い味わいですのでフローズンカクテルよりはフルーツマティーニなどの輪郭のはっきりしたカクテルに仕上げた方が美味しく味わえると思います

それほど旬の長くないフルーツですが是非県産の良質のフルーツをお楽しみ下さい

jagatkana at 00:06|PermalinkComments(0)

2016年06月22日

『飯山の白桃のカクテル』各種おすすめしています

2015-06-15-20-59-15


個人的にも大好きな香川県飯山町産の白桃が出回りだしましたので例年お楽しみいただいている桃をお使いした季節のおすすめカクテル各種お出ししています

メニュー掲載のカクテルは

・桃のカクテル (ラムベースのさっぱり甘いロングカクテル)

・桃のフローズンカクテル (白桃のカクテルをフローズンスタイルで)

・ベリーニ (白桃をピュレ状にしたものをスペインの辛口スパークリングワインと合わせて)

の3種になります

画像は『桃のフローズンカクテル』、特に人気の一品です

また、お酒をしっかり効かせた『桃のフルーツマティーニ』もおすすめですよ

飯山の桃は香川県の方はご存知だと思いますが、全国的には知名度どうなんでしょうか?僕はこの飯山の桃が品種を問わず大好きなので、入荷を楽しみにしています

現在は『はなよめ』という品種が多めかな 4,5種類が時期によって流通してますが、それぞれ美味しい白桃ですので、どれもおすすめですよ 

もちろん、他の地域の桃の仕入れも直に店頭で見て美味しそうなのを選んでますのでおすすめです

季節外でもオーダーの多いベリーニなどはなるべくフレッシュ感のしっかりしたジュース、ピュレなどを使っておつくりしていますが、やはりこの時期の瑞々しい白桃をしっかり使ったカクテルが美味しいです!

それほど長くない桃の旬ですが、お楽しみ下さい






jagatkana at 01:00|PermalinkComments(0)

2016年06月14日

『イエルバブエナ、スペアミントの季節になりました』

2016-05-31-11-19-09


モヒートの美味しい季節になりました 日本でもすっかり定番になった感のあるモヒート 

フレッシュミントと、ホワイトラム、ライムのざく切り、少しのミントシロップ、ソーダのさっぱりカクテルです

DSCF6092


モヒートに使うミント、冬場などはハウス栽培などのものを購入していますが、ジャガトカーナでお使いしているミントは春先から秋口ごろまでは自家栽培のもの なので、これからの時期はベランダ、ちっちゃい庭の7,8割がミントの鉢、プランターになります 直植えの方が大量に出来るのですが、他の雑草とかと交雑して香りも弱くなりますし雨、日当たりなど管理しにくくなりますので、鉢やプランターで育てています

上の画像はイエルバブエナ 数年ここ最近の天気と雨でぐんぐん成長してきました 野性味ある香りがベランダに広がっています

イエルバブエナは日本ではほぼ流通してないラテンアメリカのミントの一種

以前こちらの記事、メキシコ旅行記2010 vol.8 イエルバブエナのモヒート in グアダラハラ でもご紹介しましたが、メキシコのバーではこのタイプのミントを使ったモヒートが一般的な感じがしました 

またモヒートにとても合う爽快感のあるミント、スペアミントも芽吹いてきています

2016-05-31-11-19-20

これとあとクールミント、ペパーミントのプランターがあります

イエルバブエナ、スペアミント、ペパーミント、クールミント、その日いい感じのものを摘んできてお使いしようと思っています

日によっては1種類のミント、また日によっては2種、3種のミントのミックスでのモヒートをおつくりします 2種類ある日も多いと思いますので、単一品種でのモヒートをご希望の方はお問いかけください

モヒートのベースにはモヒート発祥のときに使われたバカルディ(革命前のキューバでつくられていました)をお使いしています メキシコでもバカルディで作っているところが多かったと思います 

ノンアルコールのモヒート、モヒートスカッシュもお作りできます フレッシュミントにモヒートミントシロップ、ライム、ソーダでおつくりするノンアルコールのモヒートです お酒飲めない日、また飲まない方にもおすすめです

この他、フルーツモヒート、フローズンモヒートなどお好みでお楽しみください





jagatkana at 04:00|PermalinkComments(0)

2016年06月10日

『すいかのカクテル』

image


この時期人気のすいかのカクテル、はじめました 始まるのを楽しみにして頂く方も多く、5月ごろからお尋ねいただきスポットで入荷したりもしてましたが6月より「今月のおすすめ」にてご案内しております

すいかを粗目にミキサーでジュースにし、ウォッカと合わせ、マルガリータ用の塩でハーフのスノースタイルにしたグラスに注ぎます 作り方は簡単、自宅でも同じように作れると思います 軽くミキサーにかけるので少し固形の状態が口に入ることもありますが、飲むだけでなくすいかの食感的な感じも味わって頂きたいと思い、こういうスタイルでおつくりしています

なぜか、年中「今日すいかある?」なんて聞かれることもあり、ハウスものなどで年中、スーパーなどでも見かけますがジャガトでは6月から9月ごろまで 感覚的に「すいかの季節」と思う時期にのみお出ししています

現在、熊本産のものが多く入荷してきてます これから少しずつ産地も北上してきて最終北海道産のすいかが入荷するころになると夏も終わりだなー、と毎年すいかの産地で季節の移り変わりを感じたりもしますね

夏気分がたっぷりのカクテルです ぜひお楽しみください また、ベースのスピリッツの変更もできますのでラム、ジン、テキーラなどお好きなものをご指定ください 

jagatkana at 21:29|PermalinkComments(0)

2016年04月15日

『徳之島のパッションフルーツ』届きました

2016-04-03-18-40-32


こちらも鹿児島の実家より届いたフルーツ、時期が早い気もしますが『徳之島のパッションフルーツ』です

2016-04-04-20-52-14


ジャガトでも7月あたりから9月頃まで人気の『パッションフルーツのカクテル』です イメージ的にも夏!といった感じですがこの時期にも収穫できるよう生産されてるんですね 

毎年鹿児島産のものをメインで使ってきたパッションフルーツですが昨年は地元、香川県産の美味しいパッションフルーツ、『綾川町産近藤さんちのパッションフルーツ』もたくさんお使いしました どちらも熟したものは香りも良く、濃厚な旨味があって美味しいですね 今年もどちらのものも使ってみようと思っています

2016-04-03-18-41-08


個人的にもパッションフルーツの香りが好きでこの時期は半分に切ってスプーンですくって種ごと食べたり、また切ったくぼみにジンやらラムやら、カバなんかを入れて飲んだりすることもあります 

ジャガトでもカクテルにする際、種ごとグラスの注ぎ、果肉のつるっとした感じと種のプチプチした感じを丸ごと楽しんで頂けるようにおつくりしています

少し早いですが、夏気分を味わう『パッションフルーツのカクテル』、お楽しみ下さい 

ラムベースでおつくりすることが多いですがジンとの相性もいいです お好みでお召し上がり下さい


jagatkana at 16:00|PermalinkComments(0)

2016年04月04日

『熊本産デコポン、入荷してます』

2016-03-28-20-41-07


実家より熊本産のデコポンが届きました

不知火のうち、糖度13度以上酸度1度以下のもので、全国の柑橘関係農協県連合会を通じて出荷されたものだけがデコポンと名乗れるそうです 

2016-03-28-20-42-40


ぽこっと先の飛び出た見た目もデコポンという名前も可愛らしいですが、甘みのあるその味わいも生食でもカクテルにしても魅力的なものに仕上がります 

この時期は『和柑橘のカクテル』ということで、その日入荷している和柑橘の中で選んでいただく、もしくはこちらで果実を選んでカクテルにする、といったおすすめをお出ししていますがデコポンは毎年人気の和柑橘ですね

ジンと合わせて『デコポンのブロッサム』、桃のリキュールと合わせて『デコポンのファジーネーブル』など、甘くてさっぱりとした美味しいカクテルに仕上がります

今月半ば頃まではあると思いますので是非どうぞ



jagatkana at 21:50|PermalinkComments(0)

2016年03月04日

『屋久島たんかん、届きました』

2016-03-01-22-42-26



今年も鹿児島の実家より美味しそうな屋久島産たんかんが届きました

たんかんはポンカンとネーブルオレンジの自然交配で生まれたタンゴールの一種らしく、柑橘系の果物の中では一番糖度が高いことが特徴 果汁にはみかんの約2倍のビタミンCが含まれているそうです

屋久島、奄美大島、沖縄などで作られています 奄美の黒糖焼酎をたんかんで割って飲んだことがありますが、柔らかい甘みで美味しかったです

ジン、ウォッカ、ラム、テキーラ、どのスピリッツとも相性ばっちりです また、ピーチリキュールやマンゴーリキュールと合わせても美味しいですよ 

『和柑橘のカクテル』『3種の和柑橘のファジーネーブル』などの季節メニューでお使いしております

また、この時期は様々な和柑橘の美味しい時期です!たんかん以外にもはっさく、ぽんかん、いよかん、でこぽん、はるか、金柑など美味しい和柑橘のカクテル、お楽しみ下さい


jagatkana at 16:00|PermalinkComments(0)

2016年02月19日

『金柑たまたまのジントニック』

画像2


『金柑のジントニック』のご紹介



『たまたま』と呼ばれる宮崎産の完熟金柑、この時期、スーパーなんかで見かけるとよく買います ジントニックにしたり、ジン、ラムなんかをを飲みながら丸ごとかじったりするのが好きですね 
画像1


『たまたま』は温室栽培で、開花結実から210日以上を経過、糖度16度以上、サイズL以上の大きさの品質基準を設定、樹上で金柑を完熟させる事により、甘さのある美味しい金柑に仕上がるそうです

『金柑のジントニック』は、この『たまたま』をすりつぶして皮ごとグラスに香りを移し、ジントニックに仕上げています
薄く小さい種を取るのが少し厄介・・・除け忘れでうっかり入ってることもあるかもしれません・・・

金柑はやはり皮の甘酸っぱい感じが旨さの真骨頂だと思いますので、『金柑のジントニック』はピックを添えてサーブします 是非金柑をかじりながらのジントニックを楽しんでください



jagatkana at 17:00|PermalinkComments(0)

2015年12月18日

『ホットジンバック』『ヴァンショー』『ホットクリーク』

2015-01-28-20-55-56


この時期はホットカクテルのメニューもお出ししております 

最近ジャガトでは人気メニューです 『ホットジンバック』

自家製スパイスたっぷりのジンジャーシロップを使ったジンバックやモスコミュールは年間通してご好評いただいてますが、その「ジンジャーシロップ、すりおろしの高知産根生姜、フレッシュレモンを使ったあったかいジンバックになります

ジャガトカーナのジンジャーシロップは、高知産生姜、鷹の爪、クローブ、黒胡椒、シナモン、実山椒、レモングラスなどを使ってつくるスパイシーなシロップ 

またベースに使うビ−フィーター47度にもジュニパーベリー、レモンピール、オレンジピール、コリアンダー、アーモンドパウダー、オリス、リコリス、アンジェリカなど様々なハーブ、スパイスが使われております

DSCF3834












『ヴァンショー』は、ホットワインの定番ですね 赤ワインにスパイス、オレンジを入れ温めたカクテルで、カフェなんかでも冬はメニューにあったりしますね  

お店によってレシピは異なり、僕らも色々な場所で飲む機会がありましたが現在のジャガトのレシピは

赤ワイン(果実味があってしっかりめのタイプのものをその日のグラスワインより) 1/2
ミネラルウォーター(軟水)                      1/2

グラニュー糖             6~10g(ワインによって調整)
シナモン                                 1/2本
クローブ4,5粒を挿したオレンジスライス            1枚

以上を片手鍋でゆっくり温めておつくりします ご自宅でも簡単に出来ますので、寒くて眠れない日の1杯にいかがでしょうか?


また、『ホットクリーク』はベルギー、ブリュッセル周辺でつくられるフルーツランビックのうち、チェリーを浸けこんで作るクリークというビールをヴァンショーとほぼ同じレシピでおつくりするビアカクテルです 

ただし、甘みのあるお酒ですのでグラニュー糖は入れません 現在ジャガトでは『ティママン クリーク』と云う銘柄を常時取り扱っていますのでこちらでおつくりしています 

クリークにスパイスたっぷりのホットビールはホント美味しいですよ

実はどのカクテルも通年おつくりできるようにしていますが、やはり本番はこの時期ですね ご注文お待ちしてます   

体の芯まで温まる、美味しいカクテル 最初の一杯に必ずオーダー頂く方もいらっしゃいます 




jagatkana at 12:30|PermalinkComments(0)

2015年12月17日

『ホットミルクのカクテル』はじめました

画像5


寒くなるとリクエストの多くなるホットカクテルですが、その中でも人気の『ホットミルク』のカクテル 温まる甘口のカクテルを毎年、定番+新しいアイテムを使ってお作りしています

今年も例年通りのメニューを冬季限定でお出ししています

『ホットカルーアミルク』 おなじみコーヒーリキュールのミルク割

『ホットイリーラテ』 イリー社のエスプレッソ豆を使ったリキュールで

『ホットゴディバオレ』 ゴディバのチョコレートリキュールのミルク割

『ホットベイリーズオレ』 アイリッシュクリームリキュールのミルク割

『フォションのホットカクテル』 フォションのダージリンティーリキュールのミルク割

『ホットグリーンティミルク』 緑茶リキュールのミルク割

『ホットアドヴォカートラテ』 卵黄のリキュール(カスタードのよう)のミルク割 

『ジンジャーブレッドラムミルク』 ジンジャーブレッドのシロップとダークラムのミルク割

『アールグレイのラテ』 ジョシーのアールグレイリキュールのミルク割

『ホットマテのシナモンラテ』 ジョシーのマテ茶リキュールをミルクで割ってシナモンを合わせました

になります

寒い中、ジャガトカーナにお越しいただいた一杯目、こちらのホットミルクのカクテルで温まり下さい




jagatkana at 20:50|PermalinkComments(0)

2015年12月01日

『いちごのカクテル』『いちごのエスプモーソ』など・・・

画像1

『いちごのカクテル』

画像2

『いちごのエスプモーソ』

今年も美味しそうないちごがいよいよ出回り始めました さぬき姫、また時期によってさちのか、豊の香、あまおう、女峰・・・・旬の状態のよいものをお使いする予定です 

いちごは季節のフルーツカクテルの中でも、やはり1,2を争う人気のフルーツです 

メニューに掲載の定番カクテルは・・・

  いちごのカクテル・・・・・・・・・・・・・・・・920

 いちごとウォッカを合わせた甘くて飲みやすいロングカクテルです

  いちごのエスプモーソ・・・・・・・・・・・・・・・・・1030

 いちごをカヴァ(スペインのスパークリングワイン)と合わせたカクテルです

  いちごのフローズンカクテル・・・・・・・・・・・・・・1030

 いちごとホワイトラムでおつくりするこの季節のフローズンカクテルです

以上です もちろんベースになるお酒などのアレンジは出来ますのでお申し付けください

また、季節のフルーツマティーニにも今月より『いちごのフルーツマティーニ』がラインナップされます 『いちごのフルーツマティーニ』は個人的にも好きなカクテルです お勧めですよ




jagatkana at 21:24|PermalinkComments(0)

2015年11月23日

『ラフランスのカクテルです』

DSCF4438













ラ・フランスの季節になりました 冬恒例のラ・フランスを搾っておつくりするカクテルをご紹介します  

主に山形産のラ・フランスを使い、熟しすぎないフレッシュ感の残る状態のものをピュレ状にしておつくりしています

ねっとりと、そして何とも言えないセクシャルな香りが魅力的なフルーツ 生食でも美味しいんですが、カクテルとしてより美味しさも際立つんじゃないかと思います

メニューには

『ラ・フランスのカクテル』(ウォッカベースでお作りします) ¥920

『ラ・フランスのエスプモーソ』 (ラフランスのピュレをスパークリングワインと合わせて) ¥1030

『ラ・フランスのフローズンカクテル』 ¥1030

の3種をご用意しています

また熟した果実をたっぷり使った『ラフランスのフルーツマティーニ』もお勧めですよ


jagatkana at 16:00|PermalinkComments(0)

2015年10月26日

『もみじ饅頭のお酒』

2015-09-24-22-27-04


このあいだ、
『浮世絵師 歌川国芳展』

を見に広島へ行ったとき、見つけて面白そうなので買ってきたものです

『もみじ饅頭』・・・広島銘菓として、たぶん知らない人はいないんじゃないかな、と思うぐらいメジャーなお土産です 特に僕世代(40代)は漫才ブームの記憶がかなり刷り込まれてるんじゃないでしょうか?
(?と思った、若い方は検索してみて下さい)

小学校時代を広島で過ごしたのですがお土産ものとはいえ、わりとおやつなんかで食べてました 一個ずつでも買えたので友達と買い食いしたり、冷蔵庫や冷凍庫で冷やして食べるのが好きでした 

その『もみじ饅頭』のお酒、きわものっぽいな、とは思ったんですが味を想像したとき、生地の味がするとすればベイリーズやアドボカート、ラムクリームなんかのクリームリキュールがお好きな方にはいいんじゃないかな?と思いました 

で、先日友人のお店にお土産で一本持っていって試飲しましたが、思ったとおり!+飲んだあとにしっかりアンコの味も残る、といったなかなかいい出来でした 『もみじ饅頭』を飲んでる、というと変な感じですがしっかり味わいがあります 前掲のクリームリキュールがお好きな方には一度試して頂きたい味ですね 

飲み疲れた時間帯にこのあたりを好きなお客様の顔が何人か浮かびましたので、是非お勧めしてみようかと思います 興味のある方は是非お試し下さい









jagatkana at 23:00|PermalinkComments(0)
Shop Info.
Archives
Recent Comments
Japanese or English