2018年11月22日

『今週入荷のチーズ』

IMG_5413


今週入荷のフロマージュ、ご紹介です

『モンドール アルノー』ウォッシュ

アルノー社のモン・ドールはとろーりとすくえる柔らかな生地、周りを巻くエピセアの樹皮の香も心地よく、味わいもたいへんまろやかです 秋冬定番のウォッシュチーズ

『ヴィニョロン マール ド ゲヴュルツトラミネール』 ウォッシュ

アルザスの「マール・ド・ゲヴュルツトラミネール(Marc de Gewurztraminer)」で洗われた香り豊かなウォッシュチーズです アルザスの伝統ある「マンステール」の熟成などで有名なフィッシャー社の専用セラーで約15日間熟成され、ミルク本来の甘みに加え、ワインの華やかな香りも加わり、爽やかな味わいに仕上がっています

『バラカ』白かび

「バラカ」とは、「馬蹄形」の意味 馬の蹄(ひづめ)は、西欧では縁起の良いものとされています「幸運を招く」と言われることから、贈り物としても喜ばれています 外見は綿毛の様なふわふわとした繊細な白カビに覆われ、中身はクリーミィでバターのようにこってりとコクがありますが、大変食べやすい仕上がりです

『セル=シュール=シェール』山羊乳チーズ

温度・湿度を完璧にコントロールできる最新のカーヴを有するジャッカン社熟成のものは、業界内でも高い信頼性を誇ります 若いうちは酸味が強めですが、熟成とともに和らぎ、表面にまぶされた木炭粉がカサカサと乾いて薄いグレーになってきた頃が食べ頃 ほのかな甘みが感じられ塩味もまろやかになります

『バルデオン』青かび 牛乳&山羊乳

周りを覆うのは、この地方産の塩をつかった塩水に漬けられた楓の葉 針で穴をあけブルーを促進させる製法が用いられ、楓の葉で包まれることでねっとりとした独特の組織が生まれます 原料は牛乳が主体ですが、そこに少量の山羊乳を加えることでほどよい酸味とコクが増し、しっとりとした仕上がりになります

『ブルードラカイユ』青かび

最低3ヶ月以上の熟成を経たアイボリー色の生地は、こってりとまろやかな味わい ややシャープ感のある青かびと、ねっとりとやわらかな身が溶け合って旨味が広がり、独特の風味が余韻を残します ブルーチーズの宝庫ともいえるオーヴェルニュ地方のラカイユ村で、1850年に農夫のアントワーヌ氏が、この土地のチーズにライ麦パンの青かびを混ぜてつくったのが起源といわれます

『ミモレット エクストラ ヴィエイユ 18プラス』ハードタイプ

「ミモレット エクストラ ヴィエイユ 18プラス」はからすみの様な風味と、鮮やかなオレンジ色(アナトーというベニの木の実から採取された橙色の食品用染料)が目をひきます
熟成度合いで、「ジュンヌ」(2〜6ヶ月)、「ドゥミ・ヴィエイユ」(6〜12ヶ月)、「ヴィエイユ」(12〜18ヶ月)、「エクストラ・ヴィエイユ」(18ヶ月以上)と呼び、とくに「シロン」と呼ばれる「コナダニ」の仕業で月面のようになった古いミモレットが好まれます 表皮はざらつき、侵食がはじまっています 優しいミルクの甘みの中に、濃厚なからすみの様な味わいが感じられます

チーズの盛り合わせ、AまたはCにてお楽しみください また、今週入荷分以外に先に入荷してより熟成感を増したチーズも各種ございます 併せてお楽しみください







jagatkana at 01:21│チーズ 
Shop Info.

JAGATKANA

↑↑↑ CLICK ↑↑↑ 
地図、メニューなどご覧いただけます 

BAR JAGAT KANA
香川県高松市鍛冶屋町
4−16 草原ビル4F

PHONE 087 823 7080



OPEN20:OO→03:00
日曜休




Archives
Recent Comments
Japanese or English