2016年05月29日

『アードベッグ ダークコーヴ』

image


今年のアードベッグデイのリミテッド、『アードベッグ ダークコーヴ』が届きました

ここ数年リリースのリミテッドとは色合いの違う作りになっているようで、興味がわきます 

今回はダークシェリーカスクによる仕上げが特徴とのこと ダークシェリー、どんなシェリー樽なんでしょうか?

個人的にはアードベッグとシェリーカスクの相性は結構いい、と思っていますので期待が膨らみます

コンセプトは暗い洞窟(ダーク・コーヴ)などでのウイスキーの密造や密貿易が全盛だったアイラ島の暗黒時代にスポットを当て、アードベッグのダークな過去をテーマにしたということだそう 

image


アードベッグ 資料によるテイスティングコメントはこちら

色:月光に浮かび上がるポットスチルを思わせる赤銅色 アードベッグ史上、最もダークな色合い

香り:ミーティーさ(肉っぽさ)、土っぽさ、スパイシーさが際立つ あとからダークチョコレートやオレンジ、糖蜜のトフィー、コーヒーやオークの香りが現れる かすかな焚火の香りと共に、スグリの花の香りに似た不思議なフローラルさが漂う

味わい:第一印象はまるでみずみずしいライムのような酸味 レーズン、デーツ、生姜、胡椒などのスパイスの風味が波のように寄せては返す 燻る炭やタールのニュアンスが続き、最後に燻製ハムやイカ墨パスタのような塩味が現れる 

フィニッシュ:スパイシーで、トフィーやコーヒー、タールのような濃厚な余韻が続く

image



早速、飲んでみました 色、香りともに想像ほど濃くはありません トフィーと甘いピートスモーク、アードベッグらしい土の感じ

味わいはかなり綺麗なまとまったシェリーカスク もっとシェリー香の強いビターさのある樽感があるのかとおもってたんですが、ラタフィアのような品のいい感じの甘さとスモーキーさのバランスがいいですね

アイラ×シェリーのオフィシャルとしては『ボウモア ダーケスト』『ラガブーリン ダブルマチャード』などが、代表格ですがこちらの『アードベッグ ダークコーヴ』は『ラガブーリン ダブルマチャード』の風合いに近いかも コーヒーローストやドライフルーツよりも蜂蜜ぽい甘さがはっきり感じられます なので、『ラガブーリン ダブルマチャード』のようにペドロヒメネス樽が使われているのかな? 個人的にも酒質しっかりのモルト×ペドロヒメネスは『ラガブーリン ダブルマチャード』『グレンドロナック21年』など好きなものが多いので、こういった仕上げのアードベッグを飲めるのは単純に嬉しいですね

食後に、1日の締めの一杯に向いてそうな上質な甘みと肉厚スモークのアードベッグ、『アードベッグ ダークコーヴ』是非どうぞ

¥1250

因みにアードベッグは個人的にも大好きな蒸留所 なるべく長く様々なアードベッグを味わっていただきたいと思い、ストックしています ので、今では結構レアになったアードベッグもストックしています

オフィシャルの開栓中のラインナップですが現在

2016-05-31-02-13-13


『アードベッグ10年』
『コリーブレカン』
『スーパーノバ2010』
『スーパーノバ2014』
『ローラーコースター』
『アリゲーター』
『アードボッグ』
『オーリヴェルデ』
『パーペチューム』
『スティルヤング』
『オールモストゼア』
『アリーナムビースト』
『ルネッサンス』
『ウーガダール』
『1975』
『ロードオブジアイルズ』

となっております ストックが残り1本のものも多いです 飲んでみたい!ものがありましたら是非お早めにオーダーください 

また
image


『アードベッグ17年』
『アードベッグ30年』もいくつかストックしています 何かのタイミングで開栓しようと思っていますので興味ある方お尋ねください







jagatkana at 14:40│Comments(0)モルトウイスキー 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Shop Info.

JAGATKANA

↑↑↑ CLICK ↑↑↑ 
地図、メニューなどご覧いただけます 

BAR JAGAT KANA
香川県高松市鍛冶屋町
4−16 草原ビル4F

PHONE 087 823 7080



OPEN20:OO→03:00
日曜休




Archives
Recent Comments
Japanese or English