2015年09月25日

『浮世絵師 歌川国芳展』に行ってきました&『ジロ』

201109022155375f6

『猫飼好五十三疋』

連休最終日はお休みさせて頂きました 今回は日帰りで広島へ行ってきました

メインの目的は『浮世絵師 歌川国芳展』 広島県立美術館で開催中です

201109022153123e3



幕末の画家、歌川国芳は斬新な構図やテーマ、幕府を揶揄した隠喩表現の作品などが強烈な印象の浮世絵師 トリックアート的なユーモアいっぱいの作品も多く、以前より作品集などは目にしていました

中でも、興味を惹かれるのが歌川国芳が無類の猫好きであったこと  猫を描いたもの、擬人化したものなど数多く猫の登場する作品が残されています 

05


これは『かつお』という文字を猫の姿で表したもの 何匹いるか数えるのも楽しいです

04


ek


これはうちわに貼り付けるように描かれた絵だそうですが、表は猫が3匹 うちわを裏返すとそれが影になり、般若の顔になるという楽しい作品 『はんにゃあめん』という洒落っ気あるタイトル
国芳にはこういった遊び心ある作品がたくさんあって面白いです

62


一瞬、猫いるの?と思いますがクリックして画像をアップにして着物の髑髏を良く見てください 猫がいっぱいです

ブログにアップしたもの全てが今回展示されていたわけではなく、今回は全体の展示の中で猫を描いた作品は少しでしたが、充分楽しめました

90eddab8005ecee4bb19a15f164c26e2
 

国芳の描いた猫に愛着が湧くのは、その多くが白黒猫であることです 白黒猫が特に好きだったんでしょうか?描きやすかったからでしょうか? 

うちの末っ子、ジロが白黒のまさに国芳の絵から抜け出てきたような風貌なので、飼い出してからは特に国芳の作品に愛着が湧いていました

ちなみにこんなコです

画像1


画像1

  
2014-10-13-04-52-03


2013-11-24-22-05-33


2014-08-03-05-29-04


画像1


せっかくなので親バカで国芳を口実にジロを色々アップしてみました 

2015-04-01-16-29-31


2015-03-17-15-09-57


2015-04-24-15-11-48


2014-03-31-00-37-24


2013-10-05-18-01-48


2015-04-30-14-00-54


どうでしょう、「国芳ねこ」ぽくないですか?後半、ジロの写真集みたいになりましたが、たまにはこんなのもありということでお願いします


ちなみに『浮世絵師 歌川国芳展』は10月18日まで開催中ですので興味ある方は是非!どうぞ














jagatkana at 00:26│Comments(2)エトセトラ 

この記事へのコメント

1. Posted by ねこ、まっしぐら   2015年10月04日 18:09
5 ジロ、かわいい!!
美猫ですね。
毛並みも良くてツヤツヤ。
写真、笑えるwww
上手すぎる。


2. Posted by jagatkana   2015年10月06日 00:09
ありがとうございます ジロはうちで一番人懐こいコで、ご近所の小学生から、お父さん、おばあちゃんまで可愛がってもらってる幸せなコです バーブログぽくない記事ですが、たまにこうやってうちの猫やら犬やら登場させてます たまに覗いてみて下さいね 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Shop Info.

JAGATKANA

↑↑↑ CLICK ↑↑↑ 
地図、メニューなどご覧いただけます 

BAR JAGAT KANA
香川県高松市鍛冶屋町
4−16 草原ビル4F

PHONE 087 823 7080



OPEN20:OO→03:00
日曜休




Archives
Recent Comments
Japanese or English