2015年04月01日

『モートラック レアオールド』

2015-03-31-21-17-30



オフィシャルモートラックがリリースされました 

これまでモートラックといえば、70年代に日本のみでリリースされたオフィシャルモートラックの他、実質オフィシャルボトルの花と動物シリーズやレアモルトなど、そして長く定番品としてリリースされこちらもハウススタイルの良く出たゴードン&マクファイルのシリーズなどもオフィシャル的なポジションで扱われるボトルでした

モートラック、個人的にも好きな蒸留所 ボトラーズのカスクもので味わう機会が多かったです と、マクファイルの色々・・・シェリー樽の特徴が良く出たモートラックに惹かれるボトルが多かった気がします

今回リリースのモートラックはラグジュアリー路線というか、僕の持っていたモートラックのイメージと少し違うブランドイメージでアピールするようですね なんとなく、ブレンデッドウイスキーの地味な要的なポジションのウイスキーでしたので、もっと無骨なボトル、地味目なラベルで渋くリリースされるのかな、と思ってましたがスリムなデキャンタボトルで思ったよりハイプライス まあ、最近のウイスキーの値段にはびっくりするばかりなのですが、僕の仕入れの感覚で言いますと、今回仕入れたレアオールド以外の18年、25年は値段的に当店で仕入れることは無いと思います 勿論、かなり美味しいんでしょうけど・・・ね

まあ実際、2.81回蒸留と言われる複雑な蒸留工程でつくられるモートラックのハウススタイルを充分感じられるボトルだと思います  ボトリングの度数は43.4%で、これは禁酒法を廃止したアメリカでモートラックが数少ないシングルモルトとして販売されていた、当時の度数だそうです マスターディスティラー曰く、この度数がモートラックの力強さを十分に発揮できるとのこと 

レアオールドはシェリー樽とバーボン樽を組み合わせて造ったオリジナルの樽で熟成しているそうで、やはりシェリー由来のドライフルーツの甘みとバーボン由来のフレッシュなメロン、桃の熟したフルーツの味わいとが複雑に味わえる興味深いボトルになっていると思います アルコール感を強く感じることなくスムースにいくらでも飲める感じ、でしょうか?

ボトルデザインから感じられる、非常に趣味のいいというか上品なバランスのあるウイスキーに仕上がっていると思います 

また、マクファイルの15年、それからたまにリリースされるがっつりシェリーのボトラーズなどもモートラックらしいな、と思いますのでこちらも試して頂きたい気もします

下画像はゴードン&マクファイルの定番品『モートラック15年』

2015-03-31-21-14-54


 
2015-03-31-21-15-42


『モートラック レアオールド』¥1400



jagatkana at 20:30│Comments(0)モルトウイスキー 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Shop Info.

JAGATKANA

↑↑↑ CLICK ↑↑↑ 
地図、メニューなどご覧いただけます 

BAR JAGAT KANA
香川県高松市鍛冶屋町
4−16 草原ビル4F

PHONE 087 823 7080



OPEN20:OO→03:00
日曜休




Archives
Recent Comments
Japanese or English