2015年11月09日

『Brenda Boykin - Be my Lover』



Brenda Boykin、ジャズやブルースのフィーリングたっぷりの厚みのあるパワフルなボーカルが最高に気に入ってます といっても、オールドタイムな感じではなく、今のグルーブ感のあるアレンジ、音使いです

ニーナ・シモン、エラ・フィッツジェラルドのような黒っぽくて厚いフィメールボーカルがお好きの方には絶対おすすめです

もともと、エレクトロスウィング系を漁っているときに聞いた『TAPE FIVE』とコラボレーションしていたのを耳にしたのがきっかけでした この曲もタイトルからしてロカビリーぽい雰囲気もあってかっこいいです

A Cool CAT in Town [Tape Five ft Brenda Boykin]』


他にもハウス、クラブ系のアーティストとのコラボが結構ある印象で、どれもBrenda Boykinの存在感が濃厚でコラボしたアーティストのことが若干薄く感じてしまいます もちろん本人名義のアルバムも最高です


ちまみに『 Be my Lover』もアコースティックのボッサアレンジのものもあって、これも好きなバージョン このアルバムに収録されてます
images


少しにぎやかな時間帯にかけたりしてます 




 





jagatkana at 01:16│Comments(0)MUSIC 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Shop Info.
Archives
Recent Comments
Japanese or English