2015年09月06日

『MARIA BETHANIA /Lamento No Morro / Monologo De Orfeu』



ブラジリアン女性ボーカルの中でも特に好きな一人マリア・ベターニアが2003年から2004年にかけて録音した、詩人ヴィニシウス・ヂ・モライスの作品集の中から

『シェガ デ サウダージ 』、『フェリシダージ』『おいしい水』 『イパネマの娘』 『ビリンバウ』・・・

ボサノバの超名曲を数々生み出したヴィニシウス・ヂ・モライス、自身や他のアーティストとのコラボレーションのアルバムも沢山出ていますし、好きなものがたくさんあります また様々なアーティストが彼の作品集をリリースしていますね フレンチボッサの誕生にもかなりの影響を与えているということ

_SS135_SL160_

このトッキーニョとのアルバムはブラジル音楽聴き始めの頃、完全ジャケ買いしたもの 内容も最高で特に歌詞の素晴らしいものが多いです

_SS135_SL160_

エレンコレーベルのデザインが好きでこのオデッチ・ララとのアルバムはLPを渋谷で探しまくったのを思い出します・・・ちなみにこのアルバムはエレンコレーベルとしての初作品とのこと 

マリア・ベターニアはあのカエターノ・ヴェローゾの妹 ボサノバ第一世代ではないですが、MPBの重要シンガー、70年代以降もいいアルバムが出てますし、オマーラ・ポルトゥオンドとのコラボのアルバムもすごく気に入ってまして、よくかけてます

images


どちらも好きなアーティスト、で今回はこちらの曲にしますが、ヴィニシウス・ヂ・モライスのヘタウマボーカルも味があって大好きで、よくかけてますので、そのうちこのブログでもご紹介したいと思っています

 


jagatkana at 19:00│Comments(0)MUSIC 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Shop Info.
Archives
Recent Comments
Japanese or English