2014年07月29日

メキシカンクラフトビア!『デイオブザデッド』各種ご紹介

2014-06-26-20-09-36


メキシコ産のクラフトビア 『デイオブザデッド』、
IPA、『デイオブザデッドIPA』は先日ご紹介しましたがその他3種入荷してますのでご紹介 どれもクオリティ、コスパもいいおすすめの仕上がりです

メキシコ・バハカリフォルニア州のマイクロブルワリーで、長年受け継がれてきた醸造技術を用いて造られる、
メキシコ産クラフトビール 

造られるのはヨーロッパの伝統的なスタイルのビール、ヴァイツェン、ポーター、アンバーエール

2014-06-30-21-29-21


2014-06-26-20-11-56


ヴァイツェンは主にドイツでつくられる小麦を主体にしたさっぱり酸味の可愛いビール ベルギースタイルのコリアンダー、オレンジピールの入った小麦ビールとはまた違う魅力があります この『デイオブザデッド』のヴァイツェンも飲みやすく、酸味が心地いい仕上がりです
 
2014-06-30-21-27-35


2014-06-26-20-10-08


ポーターはスタウトの前身などと言われるスタイルのビールで、日本で言われる黒ビールの一つ スタウトとポーターの違いははっきりこれ、というのも難しい気がしますがポーターの方が苦味がマイルドで飲みやすい気がします アメリカンクラフトでもポーターは割りと見かけることのあるスタイルです こちらも程よいロースト香で飲みやすき仕上がっています

2014-06-30-21-29-56


2014-06-26-20-12-18


こちらはアンバーエールタイプ ペールエールよりも柔らかい味わいで飲みやすく仕上がっていますがホップ野香りも充分に感じますし、コクはありますがすっきりとした味わいです


前回も書きましたが、『デイオブザデッド』、というのはメキシコで11月1日、2日に行われる亡くなった家族や友人に想いを馳せ、語り合い祈りを捧げる祝日です 日本のお盆のような、と良く例えられますがめちゃめちゃ派手に飾られた骸骨のオブジェやマリーゴールドや故人ゆかりのもので目いっぱい飾られた祭壇などが、楽しい雰囲気でお盆というかお祭りみたいです 


以前旅行したとき、メキシコ到着がたまたま11月1日だったので、死者の日(デイオブザデッド)(Dia de los Muertos)の雰囲気を満喫することが出来ました

11月1日はテキーラに行く前にグアダラハラに早朝到着 そのあと散歩がてら広場に行くとこんな感じで髑髏のオブジェが広場一面に飾られていました

2010_1104MEXICO0106


2010_1104MEXICO0108


2010_1104MEXICO0083


2010_1104MEXICO0086


2010_1104MEXICO0087


2010_1104MEXICO0138


おどろおどろしい感じではなくて、ポップでカラフルな髑髏だらけの楽しい雰囲気でしたよ

この祝日をモチーフにした、ラベルデザインもかなりクールな『デイオブザデッド』、ルックスも味わいも個人的に大好きな感じですのでおすすめです 

各種 ¥850

 









コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Shop Info.
Archives
Recent Comments
Japanese or English