image


なんと1897年につくられたソレラデ熟成、平均熟成年数は50年を越えるという長熟ブランデーのご紹介です

ヘレスの代表的なシェリーメーカーの一つでもあるバルデスピノ 個人的にもバルデスピノのシェリーは大好きで
ジャガトにシェリーのメニューが結構あった時代にもバルデスピノのシェリーはいくつもリストオンしていました

今回ご紹介するのはそのシェリー原酒からつくられるブランデー 個人的にシェリーカスクのモルトが好きなこともあって、常時1,2種類はシェリーブランデー在庫しとくのですがなかなモルトウイスキーのようにはご注文いただかないニッチなジャンルでもあります 他の銘柄も含め、食後酒にぴったりで、そしてシェリーよりも蒸留酒の分厚みがあって美味しいんですけどね

image


1430年から酒造りを始め500年以上の歴史を誇るバルデスピノ家ですが1999年に現オーナーに全てのストックを売却してしまいます その中に含まれていてのが全オーナーのプライベートストックだったと言われるこのブランデーで、19世紀から始まるソレラシステムで作られ、平均熟成年数は50年を越え、100年以上前の古酒も含まれているといわれています 2004年に一旦リリースされた後そのまま残りは熟成され2013年に再びボトリングされたました 1897年につくられたソレラからということで19世紀の原酒も入ってるんじゃないでしょうか?非常にロマンのあるブランデーです

そして味も特筆物!複雑な果実香と上質なシェリーの濃縮した深い品のいい味わい 余韻もずっと続き、甘い熟成感を長く長く楽しめます 上質なオールドヴィンテージのシェリーカスクのモルトウイスキーがお好きな方には是非一度お試しいただきたいと思います 

¥1800