2014年06月11日

『ケイデンヘッド ボウモア13年 2000』

image


リリースに気づいた時には売り切れのショップばかりで、半分あきらめていた『ケイデンヘッド ボウモア13年2000』ですが、在庫しているところを見つけましたので購入しました!


2000年蒸留のボウモアは集めていきたいアイテムの一つ、
理由としては2000年というのは僕がアイラ島を訪ねた年ということ 残念ながら今回のボトルには蒸留年月日が書かれていませんでした(もともとの黒ケイデンといわれリリースされていたものにも蒸留年月日、樽番などは書かれていませんでしたのでそれを踏襲しているのでしょうか?)のですが、僕がボウモア蒸留所を見せてもらった日もしっかりウイスキーが蒸留されていましたのでいつか訪ねた日、この目で見たボウモアを飲むことが出来るんじゃないかと思って楽しみにしています

古い記憶で書いた覚書ですのでざっとしてますがこちらもどうぞ

2000年スコットランド蒸留所巡り覚書 VOL.10”アイラにてvol1.ボウモア蒸留所

当時はジム・マッキューワンはまだボウモアのマネージャーでいて試飲の際には直接レクチャーしてくれましたし、蒸留所の案内もあのクリスティーンさんがユーモアたっぷりにしてくれました 楽しかったし、一番時間を過ごしたスコットランドの蒸留所だったので、強く印象に残っています  また行きたいですね 

image


インポーター資料によるテイスティングコメントは

『香りは蜂蜜を垂らしたサマーフルーツ、ミント、タンジェリン、軽いピートでクリア、樽香は強くありません
口に含むとオイリーなシトラス、ピーチ、レモンキャンディ、バニラにピリッとした塩
アフターは蜂蜜、ピーチ、ピート、潮が長く続きます』

少しだけ試飲しましたが、フルーティで軽い甘さのある美味しいボウモア 舌にしっかりと残るフルーツフレーバーと蜂蜜、ピーティさは90年以降の若めのボウモアのいいところがしっかり出てると思います ダイナソーなどがお好きな方にも是非おすすめですよ

¥1200



jagatkana at 02:14│Comments(0)モルトウイスキー 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Shop Info.
Archives
Recent Comments
Japanese or English