2014年05月02日

『イエルバブエナ、スペアミントのモヒート』

DSCF6092


モヒートの美味しい季節になりました 日本でもすっかり定番になった感のあるモヒート 

フレッシュミントと、ホワイトラム、ライムのざく切り、少しのミントシロップ、ソーダのさっぱりカクテルです 

5月になると散歩コースにも雑草と化したミントがどんどん芽吹いてきてその香りを嗅ぎながら歩いてると、なんとなくあとでモヒート飲みたくなります 

ジャガトカーナでお使いしているミントは春先から秋口ごろまでは自家栽培のもの なので、これからの時期はベランダ、ちっちゃい庭の7,8割がミントの鉢、プランターになります 自家植えの方が大量に出来るのですが、他の雑草とかと交雑して香りも弱くなりますし雨、日当たりなど管理しにくくなりますので、鉢やプランターで育てています

つい先週イエルバブエナのプランターを総植え替え、増床して現在少しづつ成長中です
2014-05-01-18-17-55

まだこんな感じで頼りないですが、これからぐんぐん成長してくれると思います

イエルバブエナは日本ではほぼ流通してないラテンアメリカのミントの一種

以前こちらの記事、メキシコ旅行記2010 vol.8 イエルバブエナのモヒート in グアダラハラ でもご紹介しましたが、メキシコのバーではこのミントを使ったモヒートが一般的な感じがしました 野生の香りの強いミントです

また、暖かくなってきて昨秋枯れてほっといた鉢からスペアミントが芽吹いてきています
2014-05-01-17-38-53

これとあとクールミント、ペパーミントのプランターがあります

イエルバブエナ、スペアミント、ペパーミント、クールミント、その日いい感じのものを摘んできてお使いしようと思っています

日によっては1種類のミント、また日によっては2種、3種のミントのミックスでのモヒートをおつくりします 2種類ある日も多いと思いますので、単一品種でのモヒートをご希望の方はお問いかけください

モヒートのベースにはモヒート発祥のときに使われたバカルディ(革命前のキューバでつくられていました)をお使いしています メキシコでもバカルディで作っているところが多かったと思います 

ノンアルコールのモヒート、モヒートスカッシュもお作りできます フレッシュミントにモヒートミントシロップ、ライム、ソーダでおつくりするノンアルコールのモヒートです お酒飲めない日、また飲まない方にもおすすめです

この他、フルーツモヒート、フローズンモヒートなどお好みでお楽しみください






jagatkana at 16:00│Comments(0)カクテル 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Shop Info.
Recent Comments
Japanese or English