2014年04月14日

『リキッドサン フェッターケアン23年1990−2013』

image



かなり好みのフェッターケアン、頂きました!

先日のボトラーズフェス、楽しいイベントだったみたいでですね ボトルもかなりの数、無料試飲も出来たみたいです こういったイベントは東京で行われるのがほとんどなので、高松からはちょっとヨイショがいるのですが、今回参加されたお客様がいらっしゃいまして、数々試飲されたなかでのお勧めボトルを頂戴いたしました

image

それがこちら

『リキッドサン フェッターケアン23年 1990−2013』

フェッターケアンといえば東ハイランドに位置するなかなか地味な蒸留所で、ジャガトでも旧オフィシャルボトルを扱い中ですが名指しでのオーダーはこれまでほぼ無いですね 
2001年にホワイト&マッカイ社の所有となり現在は『ホワイト&マッカイ』の原酒としての役割を強く担っているということ こちらのボトルはそれ以前1990年の蒸留でジャガトにあるオフィシャル10年と仕込み時期はそれほど変わらないかもしれません

image

こちらは2000年前後流通していた『フェッターケアン10年』在庫中です

で、これまでフェッターケアンの個人的なイメージというと漠然としたもの 
軽くナッティ、麦芽感がある飲みやすいモルトかな?と言った感じでした ボトラーズの長熟リリースも少なく、オフィシャルのリミテッドもあまり無かったので正直あまりわからない・・・といった感じでしたかね ただ最近リリースされていた長熟ボトラーズが美味しい、とは聞いていたので気になりつつあった蒸留所でした

そしてリリース元のリキッドサンは4,5年前に設立されたドイツのボトラー ウイスキーエージェンシーなどとともに、近年注目度も高く、高品質の長熟モルトを数々リリースしています 最近ラベルデザインを一新 ちょっとサイケデリックなデザインでこっちのほうが個人的には好きです


テイスティングしてみましたが、僕のこれまでのフェッターケアン感とは大きく違うフルーティーでとろっとしたかなり美味しい仕上がり 
アプリコットや少し甘みのある柑橘のフレーバーがしっかり そしてナッツ香 飲み込むとオイリーとは違う非常にクリーミーなとろっとした舌触り そしてアプリコット、パイナップル、熟した甘酸っぱいフルーツ 麦芽の風味もあるが全体的には非常にフルーティなウイスキーと言った印象です 
飲みよく、舌に乗せた感じが心地いい、ついおかわりしたくなるようなモルトですね 馴染みの無い蒸留所だと思いますがこちらはほんとにおすすめ!是非お試しください   

 



jagatkana at 22:50│Comments(0)モルトウイスキー 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Shop Info.
Archives
Recent Comments
Japanese or English