画像1


セルティカはフランス、ブルターニュで造られる、ニューフェイスのベルジャン・アビィ・スタイルのブロンドエールです

ややこしいのでもう一度 『セルティカ』はフランスで造られる ベルギーのアビィスタイルのエールで、ケルト文化に伝わる伝説にちなんだビールであるそう

色んな国、キーワードが出てきてややこしいですね 『セルティカ』はセルティックというサッカーのクラブチームがスコットランドにあることでもわかるようにケルトの、といった意味 ケルト文化はスコットランドやアイルランドのみではなく、ブルターニュ」もケルトの文化が根付いた地域ですので、それをテーマにつくられているのでしょうか?

また、ブルターニュなどフランス北部の方ではベルギーの文化とも共通する部分が多いため、造られたスタイルはベルジャンスタイルなのでしょうね ブルターニュのあたりは葡萄の栽培地域からも外れていたと思います ガレットにも使われる蕎麦など、またリンゴも栽培されシードルなども特産になっています

ベルジャンアビイの基本をしっかり押さえたフルーティなアロマと柔らかい麦芽の感じが美味しいエールに仕上がってます


画像5

このグラスも凄い存在感です よく最初にお酒などが注がれたビールジョッキのようなものは牛や水牛、サイ、などの角をつかったものだ、といわれていて実際そういったリュトン『角杯』といったものもケルトの遺跡から発掘されています  まさにそれを模したようなワイルドなデザインです ジャガトでも1つ購入しましたので『セルティカ』飲んでいただく際、出払ってない場合はこちらのグラスでお楽しみ頂けますよ