画像3


昨日画像のみご紹介した

『ブラッカダー バンフ ロウカスク1966』です

『バンフ』は1983年に閉鎖され、91年には蒸留所の建物も取り壊されています 最近はボトラーからのリリースもかなり少なくなっていますね 70年代以前のものには評価の高いボトリングのものが多い気がします
画像2


ブラッカダーは『ザ・モルト・ウイスキー・ファイル』の著者として知られるロビン・トチェックによって、1995年創業されたボトラーズブランド

2001年のウイスキーマガジンライブに来ていたロビン・トチェックにボトルにサインを何本もしてもらったのですがそのうち未開栓でストックしていたものをストックルームより持ってきました

ラベルの左端、ブラッカダーのトレードマークBに絡みつく黒ヘビの横に『bar jagatkana』と、右には01−11−11と日付け、『BLACKADDER』と書かれた僕にとってはとってもスペシャルなボトルです

ブラッカダーはいくつかのシリーズのボトリングがあるのですが、その中でもこのロウカスクシリーズは「樽出しのシングル・モルトが本来持っている深さを、あるがままに味わってもらいたい」という彼のポリシーによって、ノンチルフィルター、カラメル無しでのボトリングであるのは勿論、樽に残っている樽材の欠片も大きなものだけ取り除くという正にrawなボトリング方式で出荷されています

そんなロウカスクでのボトリングによる『バンフ1966』、60年代モルト、長熟モルトに思いの強い方にはかなりのおすすめ、またパワフルで樽香をしっかり感じられるモルトウイスキーの好きな方にもおすすめです

1ショット¥2000でどうぞ