写真 12-05-07 23 07 20


ワインセラーにて長期熟成を目的に寝かせていたベルギービールのうち、『ジラルダン グーズ 1882 ブラック』を今月のお勧めでお出しします

ジラルダン醸造所は1882年から続く、ジラルダン家による家族経営の醸造所で、全ての工程を家族で行っており、品質管理を徹底しています そのため海外への輸出は極少量で、日本でもなかなか入手の困難なランビックの名品です いつか飲んでみたい銘柄の一つに挙げられたお客様もいらっしゃいました

『ジラルダン グーズ 1882 ブラック』は、同社が造り出すグーズ ホワイトラベルが清澄、濾過を行っているのに対して、無濾過での瓶詰を行っているのが特徴で、やはり伝統に則したランビックらしさ溢れるあじわいになっています ベルギー・ランビックの頂点として挙げられる方も多いです

ジラルダンでは自社で小麦の栽培を行っているそうで、こちらも小麦の割合が高めだそうです 

酸の高めの柑橘(グレープフルーツやハッサク)など、また若い桃のような甘さと酸のバランスも感じます 余韻の長いフルーティさ、また複雑な風味と麦芽感の広がる味わいです 

今回長めに熟成させましたので、炭酸は弱めですが、柔らかく熟成感のある仕上がりになっていますので、ベルギーランビック好きの方におすすめですよ

¥2200