写真 12-02-09 22 04 31


70年代流通のオールドブレンデッド、VAT69になります 現行、80年代以降のボトルとは見た目も異なり花瓶のようなボトルデザインが特徴的です
写真 12-02-09 22 04 56

従価税が適用され760MLでボトリングされていた時代のもの


スコッチとしては風変わりなVAT69のネーミングの由来ですが、100酒類のブレンドサンプルの中の69番目のブレンドが製品として選ばれたことで、ヴァッティングNO69から、VAT69となったそうです アメリカではポピュラーなスコッチで、第二次世界大戦下の米軍、パラシュート部隊を描いた映画『バンドオブブラザーズ』にも登場します  

現在もよく見かける銘柄で1000円を切ることもある廉価ウイスキーですが、これは値段なりのブレンデッド

この時代のものは現行品のそれとはかなり趣の違う味わいです 

程よくスモーキーで、いいシェリー香を感じますし、若さを感じない熟成感もあります  ヒネ香もほぼ感じず、厚みのあるいいオールドブレンデッドウイスキーの良さがばっちり味わえるウイスキーです 口に含むと甘さが、飲みこむとドライな舌触りが残ります 

良質のロッホナガーなどがふんだんに使われていたみたいですね 80年代からはメインモルトはグレネスクに変わります

結構前に開栓して、お勧めしてきましたがあと2,3杯、という状態になりましたのでブログを見た方に1ショット¥900でお出ししようと思います お早めにどうぞ