2014年07月26日

グレンカダム15年&スチュワーツ・クリーム・オブ・ザ・バーレー

写真 12-02-09 21 50 11

一世代前のグレンカダム15年を開けます ので、カダムをメイン原酒にしたブレンデッドウイスキーも併せてご紹介します

まず、グレンカダムから・・・東ハイランドのブレチンにあり、創業は1825年、現在はアンガス・ダンディが所有しています アライド社所有時代はバランタイン、特にバランタイン魔法の7柱の一つとして17年のメイン原酒として使用されていました またブレンデッドのスチュワート・クリーム・オブ・ザ・バーレイのメインモルトとしても知られています

ほとんどがブレンド用として使われ、オフィシャルボトルとしての定期的なリリースは現在の所有者になってからではないかな、と思います 2000年ごろにインペリアルなどと一緒にアライド社から短期でオフィシャルぽいのがでたぐらいじゃないでしょうか?

蒸留設備の特徴としてはウォッシュ・スチルのいずれもがラインアーム(ポットスチルとコンデンサーを結ぶパイプ)が15度の角度で上を向いていること

ほとんどの蒸留所のラインアームは平行か、やや下向きに付けられているのですが、不純物の入り込むのを防ぐ理由からということで上向きに設置されているそうです

クリーミーな味わいが特徴的であると評されることが多いですね ファーストフィルのバーボン樽を使うことが多く、バニラのニュアンスが強く出ていることもその理由になるのかもしれません 口当たりの良い穏やかな甘口の味わいですが、フィニッシュにはドライな舌触りも残します フルーティな要素もあり、飲んでほっとするような優しいモルトウイスキーです


写真 12-02-09 21 50 29


こちらが、そのグレンカダムをメインモルトとしてつくられるブレンデッド、スチュワーツ・クリーム・オブ・ザ・バーレーです タータンが控えめに入った可愛らしいデザインです

 『大麦の 精髄』 という意味の通り、グレンカダムがメインでブレンドされた麦芽の甘みを強く感じる柔らかくフルーティなウイスキーです イギリスでは非常にポピュラーな銘柄だそうで、10年ほど前には売上ベスト10に入っていたみたいですね 

グレンカダム15年 ¥1000
スチュワーツ・クリーム・オブ・ザ・バーレー ¥600
 



   


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Shop Info.

JAGATKANA

↑↑↑ CLICK ↑↑↑ 
地図、メニューなどご覧いただけます 

BAR JAGAT KANA
香川県高松市鍛冶屋町
4−16 草原ビル4F

PHONE 087 823 7080



OPEN20:OO→03:00
日曜休




Archives
Recent Comments
Japanese or English