2012年02月12日

ロッホサイド1991 コニッサーズ& DYC ウイスキー

写真 12-01-24 20 42 34


昨年、長熟物のリリースが相次ぎ気になっていたロッホサイドです 1981ビンテージが何種もでて、どれも結構評判が良かったですね

30年近い長熟のものは値段も結構しますし、なかなか目を向けてもらいにくいマイナー蒸留所ということもあっておすすめしやすいのを探していました

で、かなり久しぶりにG&Mのコニッサーズチョイスから19年ものを買ってみました 

ロッホサイドは、なんと昨年改訂版の出たマイケルジャクソンのモルトウイスキーコンパニオンからは蒸留所の項目自体消える!という可哀そうな目にあっていましたね 

1957年操業開始ですが、1973年にはスペインのディスティレリアス・イ・クリエンサ社が買収 ただ、運営はマクナブディスティラーズ社が一貫して行っているらしいです 

スペイン向けにバルクで輸出され、ブレンドウイスキーとして、また10年もののモルトウイスキーとしてスペインで出荷されることがメインの蒸留所みたいで、他の地域ではあまり目にすることのない銘柄だったと思います

80年代に休止されたと思っていましたが、完全な休止は92年とのこと 2005年には蒸留所も取り壊されたとのことです

ちなみに、このスペインでリリースされているブレンデッドウイスキー、ディスティレリアス・イ・クリエンサ社の頭文字を取ってDYCウイスキーというのですが、実はジャガトに置いてます(全く売れませんが)

写真 12-01-30 20 27 29


昔、バルセロナに行った時にも見かけました それもスペインのデパートといえばここ、の
EL CORTE INGLES にあったものなので実際スペインでポピュラーなものなんでしょうね 

ただ、DYC社のサイトを見ると、セゴビアに蒸留所があるようですし、ラベルにもセゴビアで蒸留、熟成、ボトリングと書かれているので、ロッホサイドの原酒とセゴビアの原酒をブレンドしているんじゃないかと思われます 

ロッホサイドの原酒も今はつくられることありませんので、現在はセゴビアでモルトも製造しているのだと思われます ラインナップもピュアモルトや8年熟成などいくつもリリースされているようです スペインのシングルモルトとしてDYCシングルモルトが掲載されている本もありましたので、現在はセゴビアの蒸留所をメインで操業しているのかもしれません

80年代も操業は不定期のようですので、今後ボトラーズからのリリースも段々減ってくると思われます 個性派、というわけではないのですがフローラルで柔らかい甘さを感じるモルトです 
加水タイプの43度詰めですので、軽く、でも飲んだこと無い銘柄をご希望の時などいかがでしょうか?


ロッホサイド1991−2011  ¥900

DYC     ¥600



 








コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Shop Info.

JAGATKANA

↑↑↑ CLICK ↑↑↑ 
地図、メニューなどご覧いただけます 

BAR JAGAT KANA
香川県高松市鍛冶屋町
4−16 草原ビル4F

PHONE 087 823 7080



OPEN20:OO→03:00
日曜休




Archives
Recent Comments
Japanese or English