2011年12月20日

アンリジロー ラタフィア・ド・シャンパーニュ 

DSCF6448

HENRI GIRAUD

こだわりのシャンパーニュ生産者、アンリジローのラタフィアです 最近まで作ってることも知りませんでしたが、アンリジローのフュ・ド・シェーヌ(最高に美味しかったです)を御馳走になった際に、こちらも頂いてきちゃいました 

ラタフィアとは、収穫直後のぶどうを搾ったものににアルコールを添加して発酵を阻止させた酒精強化ワインです ポートワインや、ピノー・デ・シャラントなどが似た製法になります シェリーも広い意味で仲間になるかと思います ラタフィアは一般的にはシャンパーニュ、ブルゴーニュのワイン生産者によってつくられています

べたっとした甘さでは無い自然できれいな甘さが好きで、ジャガトでも何種か置いてますがあまりオーダー頂く機会が無いのが残念ですね 

このアンリジローのラタフィアですが、やはり濃厚で美味しいです ブランデーを添加して酒精強化したワインを毎年オーク樽で熟成させるソレラ方式を取っているそうです 

ピノ・ノワール70%、シャルドネ30%とアンリジローらしくアイ村のピノノワールを特徴的に使っています 柑橘のピールのような爽やかな香りと蜂蜜のような豊潤な香り、味わいもすっきりとした中に濃厚な旨みがあり、フィニッシュもかなり長く続きます 

チーズと合わせるのがお勧めですが特にウォッシュや、少し塩の強い青カビなどとの相性は最高ですね 

デザートワインとして考えた時、個人的にはこのラタフィア、最高です クリスマスディナーのあとにもおすすめですので、この週末などいかがでしょうか? 興味もたれた方、またラタフィア好きの方、是非どうぞ

  







コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Shop Info.
Archives
Recent Comments
Japanese or English