2011年05月23日

南極探検家アーネスト・シャクルトンのウイスキー 届きました

DSCF5914

少し前から、何度かニュースでも取り上げられていたシャクルトンウイスキー"Shackleton's Whisky - Mackinlay's Rare Old Highland Malt"が届きました

これは、英国の探検家アーネスト・シャクルトン "Sir Ernest Henry Shackleton"が1907年から08年にかけて南極探検を行った際に南極の凍土に残したマッキンレーウイスキーの木箱を、2006年に南極歴史遺産トラストがシャクルトン探検隊が南極で使用していた小屋を調査中に発見、マッキンレーの現在の製造元、ホワイト・アンド・マッカイの蒸留所にマスターブレンダー、リチャード・パターソン氏が研究室で分析して、再現したものです
 
アロマやフレーバーのチェックには抜栓はせず、コルクに注射針を突き刺して抜き出すそうで、空気と触れないように慎重に行われるようです

shackleton2

発見された木箱
images

中身・・・けっこうぼろぼろです
shackleton

ボトルはこんな状態だったようですね ちなみに12本入りのケースから11本しか発見されなかった、ということで探検隊の誰かが盗み飲みしたんだろうなんて言われているようです


bbcのニュースなどでも取り上げられてましたので、あげておきます
まず、南極の小屋で発見されたときのニュース


パターソンの元に届いたウイスキーを分析、再現するまでの様子です


ラベルは結構ぼろぼろですが、凍土に埋もれていたため、状態は非常に良かったそうです

また、ラベルにはハイランド・モルトであることが記されていたが、シングルモルトかブレンデッドかは書かれていなかったそうで、シャクルトンは10年もののウイスキーを発注していたことから、このウイスキーはおそらく1896年か1897年に蒸留されたものだろうということです 

 アーネスト・シャクルトン、僕は実は名前程度しか知らなかったんですが、皆さんはご存知でしたか?
南極探検といえば、小学校のときアムンゼンや日本の白瀬隊の本を読んだ記憶があります 同時期に競争するように南極探検が行われていたようなので、その本にもきっとシャクルトンの名前があったのだと思います  

また、1914年に再び有名なエンデュアランス号による南極探検をしていて、このときの探検がかなりの過酷なものだったにもかかわらず(約1年8ヶ月にわたる漂流)27名の隊員と共に、1人も欠けることなく生還を果して、 『絶望的な状況下において隊員の希望を失わせず、かつ、冷静な判断と決断力で奇跡ともいえる全員帰還を成功させた』ことで、優れたリーダーとして今でも称えられているそうです 

探検の際に出した求人広告が有名だそうで、検索してみましたら出てきました 

「求む男子。至難の旅。僅かな報酬。極寒。暗黒の長い日々。絶えざる危険。生還の保証無し。成功の暁には名誉と賞賛を得る」

・・・かなりキザです・・・が、ロマンティックでかっこいいですねー 子供心で聞いたらめちゃめちゃ感動すると思います なんとなくアニメ版宇宙船艦ヤマトの出発シーンが浮かびました   

今回、このシャクルトンウイスキーのレプリカとして5万本つくられたようですが、かなり完璧に再現できたようで、楽しみですね 

パターソンの他に、デヴィッド・ブルームも元のウイスキーを試飲したみたいで  

「100年前に作られたものはみな大きくて力強いとの先入観があったが、品質が優れていただけでなくなかなか繊細なスタイル 最後にスモーキーな香りをわずかに残す」と、コメントを残しています

気になるレプリカの中身ですがまだ詳細がわかりません マッカイが所有するハイランドの蒸留所のものからだと思われますが・・・・ダルモアなどが中心になるのでしょうか

オリジナルマッキンレーはグレンモールが中心だったようです グレンモールはネス湖のそばにあった蒸留所ですが1983年に閉鎖になっています もう長熟のカスクしか残ってませんが、情報ではグレンモールもレプリカに入っているようです ということは、けっこう熟成感のある仕上がりなんでしょうか?

アンティーク感のある木箱のまま、カウンターに置いてます まだ飲んでませんが今週にでも開栓したいと思います 興味もたれた方、是非お試しください      

1杯¥1800 ハーフ¥900

あまり知らなかったシャクルトンですが、調べていくうちに興味がわいてきたので、図書館で 『エンデュアランス号 シャクルトン南極探検の全記録』という本を借りてきて少し読み始めたところです

 写真も満載でなかなか読み応えのありそうな本です そして、優れたリーダーとしてのシャクルトンだけではない側面、過酷な状況の中ならではの人間関係などが書かれていて面白いですね
 
去年は江戸期の漂流民など、「意図せず見知らぬ場所で生活せざるを得なかった人々」について書かれたものに興味が出て色々読んだのですが、今年は、冒険家や探検家など「意識的に見知らぬ場所を目指した人たち」についても知りたいと思いました 詳しい方色々教えてくださいね


追記・・・試飲しました 05・28

デヴィッド・ブルームのテイスティングコメントにあったように、色合いはかなり薄いきれいなペールゴールドです
香りも非常に繊細で、上品なもの みずみずしいリンゴやナシの香りにほんのり新生姜、そして更にその上に薄く載せた感じの薫香が漂います 飲み込むと、スパイスを入れたアプリコットジャムに薄いアールグレイのような風味、少し辛みも感じます そして柔らかいけどしっかりしたスモークと麦芽糖の甘さが舌の上に長く残ります・・・

全体的に淡いフレッシュな味わいウイスキーですが、若いウイスキーの持つ麦芽っぽさ、強いスピリッツ感はあまり感じません 上品で、繊細な美味しさ・・・1900年代の再現としても、探検家のオーダーしたものとしても意外感はありますが、逆に興味深い味わいです 開栓直後の試飲なので、少し置いてからまた味わってみたいと思います





jagatkana at 23:00│Comments(0)モルトウイスキー 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Shop Info.

JAGATKANA

↑↑↑ CLICK ↑↑↑ 
地図、メニューなどご覧いただけます 

BAR JAGAT KANA
香川県高松市鍛冶屋町
4−16 草原ビル4F

PHONE 087 823 7080



OPEN20:OO→03:00
日曜休




Archives
Recent Comments
Japanese or English