2011年04月21日

zaz "je veux" パスティス飲みながらとか・・・



最近気に入ってるzazです  ジャガトでも結構かけることになると思います

シャンソン、マヌーシュ、スイング、ジャズなどのミックスされたパリの雰囲気たっぷりのサウンドにハスキーヴォイスが耳に残ります 

you tubeにはpvもあったのですが、スマートフォンからの閲覧にしにくい動画でしたので、こちらのストリートでのアコースティックの演奏をのっけときます こっちもかっこいいのですが、pvの雰囲気も好きなので、是非,直接youtubeで閲覧してみてください

最近までモンマルトルの路上やパリのキャバレーで歌っていたということです 

キャバレーといっても、大箱でフレンチカンカンなんかを踊る”ムーランルージュ”とかではなく、シャンソニエと呼ばれるような小さい店でピアノかアコーディオンの演奏で歌ってたんだと思います

僕の大好きなユトリロにも、モンマルトルの有名なキャバレー”ラパンアジール” の絵があります この店はサティやらピカソやらも常連だったそうですね 
”ラパンアジール”は今も営業していてシャンソンを聴けたと思いますが、残念ながら行ったことがありません

 モンマルトルに行ったときは、午前中にクリニャンクールでグラスやら雑貨やらを探しまわって、雨の中をへとへとでサクレクール寺院までの坂道と階段を登ったので、さらに奥に入った”洗濯船跡”とか”ラパンアジール”とかまで歩き回る気力が無くなってあきらめたんですよね 

またパリに行ける事があれば絶対行こうと改めて思いました・・・  そのときも、サクレクールの方向に歩いていくと路上で演奏しているミュージシャンを何組か見ました
 
僕が行ったときには、ブルターニュの旗を飾ってケルト的な音楽を演奏するグループなどがいたような・・・2年前のことなので、タイミングよければzaz、生音で聞けてたかもですね 

パリでは、週末飲みに行った店で演奏しているパターンが結構ありました

アイリッシュパブなのにマヌーシュの楽団が奥の部屋でライブしてたり、メニューに書いてある飲み物がほぼ売り切れの怪しい店でめちゃめちゃかっこいいアフロファンクのバンドが演奏してたり、と飲み代だけでかなりクオリティの高い演奏が聴けて楽しかったです  

話戻りますが、この”zaz"のアルバム聞いていて、何か飲みたいな、なんだろう?と考えてて、これだ!とおもったのがパスティスの水割りです

ハーブをたっぷり使った、フランスのお酒だけどエキゾチックな香りのリキュール・・・パスティスは色々な製造元がありますが、ジャガトでもフランス産は5種ほど置いています

DSCF5865 



ペルノ、リカール、ボジャール、アンリバルドゥアン、パスティス51  まあ、厳密にはペルノはパスティスではなくアニス種だそうですが、一般的にはパスティスの1種として飲まれているんじゃないでしょうか?

冷たいパスティスの水割りは、昼さがりや暑い日にもぴったりだと思うんですが、シャンソニエやちょっと古めかしいカフェなんかで飲むのもいい感じかな、と勝手に思ってます

ジャガトも結構年季が入ってきましたので、パスティスやビターリキュールなんかを水割りやソーダ割りで飲むのもいい感じだと思うんですがどうでしょうか?


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Shop Info.

JAGATKANA

↑↑↑ CLICK ↑↑↑ 
地図、メニューなどご覧いただけます 

BAR JAGAT KANA
香川県高松市鍛冶屋町
4−16 草原ビル4F

PHONE 087 823 7080



OPEN20:OO→03:00
日曜休




Archives
Recent Comments
Japanese or English