DSCF3617

パッと見、コミッティのアードベッグかと思いそうなボトル、port askaigです 見た目もかっこよく、目を引くデザインです こちらはウイスキーエクスチェンジの系列というか姉妹会社だったと思うspeciality drink社からリリースされたアイラのシングルモルトウイスキーです 日本のサイト、ブログなどで調べてみても出てこないので正式な輸入はされていないんじゃないでしょうか?

17年、25年、カスクストレングスと3種リリースされていますが今回は17年を購入しました
ポートアスケイグとはアイラの海峡の名前で、すぐ近くにはカリラの蒸留所があります・・・ので、おそらくこちらの
ボトル、中身はカリラではないかと考えているのですが・・・

エクスチェンジのブログにテイスティングレヴューがあって、その下に飲んだであろう世界中の人のコメントがあるのですが、結構人によって予想、評価が違って面白いです ざっと見た感じではボトルに”A"という浮かし文字があるのでアードベッグじゃないかという感じの意見やブナハーブンじゃないかという意見が割と多かったような気がしました もちろんカリラという意見も多いですね 価格的なことと年数とを考えるとカリラではないかと思うんですけど・・・

手抜きになりますがテイスティングノートをエキサイトで翻訳してちょっと手直ししたものです  

香り: 初めはレモン・ジュースによるオレンジの柑橘類と甘味に風味を添えて、はちみつとレモンチーズフェノール  石炭とぬれた燃えた木としてバックグラウンドで潜んでいて グレープフルーツ、タンジェリン皮、およびほのかな薬箱

味わい: 塩水のヒントからのはちみつとレモンで. タンジェリンとグレープフルーツ 石炭が中間の口蓋として最終的に現れる前に、最初に柔らかいエントリー、長い、しかし、バランスのとれている泥炭質のの、そして、煙っている鳴動のために味蕾に決着をつけて
フィニッシュ: はちみつとマーマレード 長くて暖かい コールとコショウ

バランスは欠点がありません、それぞれの風味要素がアンサンブルに落ちる前に注目の的で瞬間を得ていて

んー、テイスティングノートの感じからもカリラのような気がしますが、興味のわいた方、どこの蒸留所のものかあーやこーや言いながらジャガトで飲みませんか?