2009年09月20日

PORT ELLEN 1978 同じ日に蒸留、瓶詰めの2種

2008_10190035
非常にレアな飲み比べができる2本のウイスキーをご紹介です
ポートエレンという蒸留所は1983年に閉鎖されたアイラ島の蒸留所で、当然ストック分しかもう流通がないお酒です
”幻の酒”扱いされてまして、探しにこられるお客様も多いですね 当店にもレアモルト20年やハートブラザーズ、スコマなど6種ほど開栓してるものがあります もともとブレンドの原酒供給がメインの蒸留所のためでしょうか 味わいにはかなりバラツキがあり(それぞれ美味しいんですけどね)、また長熟ものになりますので値段も結構しますが、こちらの2本は是非!味わっていただきたいものです
2008_101900372008_10190038









何故かといいますと、このポートエレンまったく同じ日に蒸留され、違う樽で熟成され、同じ日に瓶詰めされた双子の兄弟なんです しかも樽番が2つ違い ということはほぼ同じ環境下で熟成されたことになります こういうものがリリースされることはほとんどないです 味わいも2本で全く違うニュアンスがあり、モルトウイスキーの熟成に興味あるかたは是非飲み比べ、試して頂きたいですね 5,6年前に購入したのですが実はこれ、6種類同時に出たんですよ 資金不足で2種しか買えませんでしたが・・・今思えば全部買っとけば良かったです
ボトルも一昔前のシグナトリーです 最近見かけなくなりましたね
ちなみにこのポートエレンの施設は、現在はアイラ島の他の蒸留所に麦芽を供給するモルトスターとなっています
ですから現在もアイラ島のモルトウイスキーに重要な役割を担っています 僕が訪ねたときも建物はそのまま残ってました
残り少なくなってきましたので、お早めにどうぞ  ハーフで飲み比べ 2種で¥2800です 


jagatkana at 01:36│Comments(0)モルトウイスキー 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Shop Info.
Archives
Recent Comments
Japanese or English