2017年04月

2017年04月30日

ジャガトカーナ g.w中の営業について

image







ゴールデンウィーク中の営業について、お問い合わせの電話を頂きますので、こちらブログでもお伝えします

本日4月30日(日)は通常営業 20:00から03:00まで 

5月1日から6日までも通常営業となります

5月7日は店休日とさせていただきます

普段通りのジャガトカーナです 高松で、街中でお過ごしの際は是非お立ち寄りください



jagatkana at 00:22|PermalinkComments(0)エトセトラ 

2017年04月22日

桜餅の香りの山羊乳チーズ『ラ・ロッサ』

2016-04-01-20-43-22


『ラ・ロッサ』、入荷してます

桜の葉で包んだ山羊乳チーズ、イタリア、ピエモンテでつくられます

image


正に桜餅の香りがして、日本人にはほっとする優しい味わい 好き嫌いの分かれやすいシェーブルタイプのチーズですがこちらの『ラ・ロッサ』は食べやすく美味しいおすすめのチーズです

個人的にも笹の葉で包んだ桜餅、柏餅、ちまきや柿の葉寿司など葉で包んだ食べ物は大好きでよく食べます 

チーズでもジャガトで定番の青カビチーズ『バルデオン』は楓の葉に包んで熟成されていますし、栗の葉で包んだ『バノン』などもよく入荷していました 『ラ・ロッサ』ももちろん個人的にも大好きなチーズです

入荷しだした頃は西伊豆の「オオシマザクラ」の塩漬けでくるんで作られていましたが、現在はイタリア、ピエモンテ産の桜の葉を使って作られているようです 

春の息吹を感じるようなこの時期にぴったりのチーズです 盛り合わせA、またはCでお楽しみいただけます 是非どうぞ


 

jagatkana at 02:40|PermalinkComments(0)チーズ 

2017年04月17日

『キナ・ラエロ・ドール』

2017-01-26-00-31-25


キナリキュール、ジャガトでは『ビガレット シナシナ』を最近はおすすめしたいましたが、それ以外も!という方々もいらっしゃいまして、気になっていたスイスのキナリキュール『キナ・ラエロ・ドール』を仕入れました まあ、正直これは欲しいな、と思ってたんですがキナリキュールご希望の方もめったにいないし、ビガレットのクオリティも高いし、といった感じでそのうちの仕入れリストに入っていたもの

2017-01-26-00-31-18


アルプス-プロバンス・スタイルのキナ・リキュールスタイルでつくられています コルテーゼ種のブドウから作られる、白ワインにキナの樹皮とオレンジピール、ニガヨモギ、スパイス類を漬け込んでつくられ、苦みと甘み、旨味のバランスがハーブリキュール好きにはたまらないと思います

また、この『キナ・ラエロ・ドール』、ラベルも昔100年ぐらい前のフランスのポスターみたいで、かっこいいんです いい感じのレトロ感が、お酒の魅力を更に増してるんじゃないかと思います

スイスと言えばアブサンに代表されるように地場産のハーブを使ったリキュールの名産地 そこで作られたキナリキュール、ニガヨモギも入ってますし、アブサン、パスティス好きの方にも是非おためしいただきたいですね ストレート、ロック、アブサンと同じようにドリッパーで、また、『ヴェスパー』もこちらでつくるとより、それっぽくなるんじゃないかと思いますので是非どうぞ 





2017年04月14日

『ストロナチー18年』

2016-02-02-23-33-56


ボトラーズブランド『デュワーラトレー』による少し風変わりなリリース形態の『ストロナチー』です

『ストロナチー』とは、以前スコットランドに存在し今は消失した蒸留所の、デュワーラトレーが権利を買い取りブランドとして復活させました 中身はラベルにも記載されていますが『ベンリネス』です

『ベンリネス』はここ最近、なぜか個人的に飲んでみることが多くなった蒸留所 だいぶ以前、「花と動物シリーズ」「レアモルト」や いくつかのボトラーズのものを飲んできましたが、経験したボトルはそれほど多くなく、でも思い返すとそういえば好みのものも結構あったな、という感じで選ぶ機会が最近増えてます

ベンリネスとは、スコットランドでもっとも高い山の名前でもあります 標高は840メートルなのでめちゃめちゃ高い山というわけではないですが・・・ 蒸留所は標高213メートルの地点にあります

『ベンリネス』の特徴としては通常モルトウイスキーでとられる2回蒸留ではなく、もろみの一部を3回蒸留するということ モートラックやスプリングバンクを思い起こしますね 蒸留が多いと軽い酒質になりますが、あくまで一部を3回蒸留ということで、これまで飲んできたものも軽さというよりはスパイシーでドライだけどしっかりした酒質の印象が強かったです シェリー樽のニュアンスが強いものが多かったからかも知れませんが 2回蒸留だと主張の強い思い酒質になるのでこういった方法を取っているという話を聞いたことがあります  そして、スモーキーなアフターを感じるものも多かった印象  

2016-02-02-23-34-25


こちらの『ストロナチー18年』、開栓前なのでインポーターのテイスティングノートより引用

テイスティングノート

「オーク、甘いバニラ、ハニー、完熟フルーツの香り、ボディはソフトで滑らか、フルーティーでアップルや洋ナシ、ハニー、フィニッシュはライトでクリーン」

シェリー樽とバーボン樽とが使われているそうですがこの印象だとバーボンのニュアンスが強いのでしょうか?
46%詰めですし、強烈な個性が売りといったわけではないですが、飲み易く、香りもフルーツ香、バニラ、蜂蜜といい熟成感を楽しめそうな風合いです

気負わず飲めるモルトウイスキーとして、おすすめしたいですね 

2017年04月12日

『フラーズ IPA 』

2016-05-13-01-16-20


最近IPAといえばアメリカ、ベルギー、その他色々面白いものが多く、つい仕入れしながちなんですが、久々イングリッシュIPAが入荷です (スコットランドIPAはブリュードッグのを多く扱ってきたんですが・・・)

1845年からの歴史を持つフラーズのつくるIPAです フラーズは『ロンドンプライド』や『ESB』といった銘柄も有名でロンドンのパブで飲んだ経験のある方も多いと思います 僕も数日いただけのロンドンですがパブ巡りの間、何件もフラーズのタップが10種近くずらっと並んだパブに行き当たりました フラーズは現在イギリスで380件以上のパブを所有しているそうです なので、イギリス旅行中には結構出会う確率高いんじゃないでしょうか?

こちら『フラーズ IPA 』 すっかりお馴染みになったスタイル、IPAですが意外と成り立ちをご存知でない方も多く、イギリスが発祥と言うと驚かれることも多々あります 確かにIPAスタイルのビールが数多く作られているのはアメリカのイメージがありますもんね

インディアペールエールビール(IPA)はもともと、1700年代初期にインドがイギリスの植民地となり、インド在住のイギリス人の為に、良質のエールビールをイギリスより輸入するのに長期航海中にビールの劣化を防ぐために大量のホップを使用したエールビールです

フラーズIPAはボトル内での少量の酵母がゆっくりと2次発酵することで、本来のエールにふさわしいフレッシュで自然なフレーバーが引き出されて、IPAの最大の特徴であるホップの強い苦みが調和された味わいとなっています 

オーソドックスなイングリッシュIPAです 派手にホップが効きまくってる感じではないですが、いいエールだなと思う落ち着く味 最近のセッションエール系が好きな方にもアピールすると思いますよ


2017年04月09日

『ポメロのカクテル』

2017-02-21-22-21-05


前回ご紹介の『タンカンのカクテル』に続き、鹿児島産『ポメロ』が届きましたのでご紹介

『ポメロ』はグレープフルーツとザボンを交配したものだそうと言われてますが、ポメロの和名が文旦であるとも言われています 実際、ジャガトでも人気のドライフルーツのポメロはタイ産なのですが、これは取り扱いの業者さんも『日本でいうと文旦です』と言ってることもあり、ジャガトでも『文旦のドライフルーツ』です、といってお出ししています 文旦同様、さっぱりして苦みも少なめ、誰もが好きな感じの柑橘じゃないかな、と思います 僕も文旦、ポメロ、どちらも好きですし、晩白柚やザボンなんかよりも手に入りやすいので良くジャガトの『和柑橘のカクテル』でも活躍するフルーツです

たくさん届いたので暫くお出しできると思います 『和柑橘のカクテル』の中でおすすめさせて頂きますので是非ご賞味ください

jagatkana at 18:00|PermalinkComments(0)カクテル 

2017年04月08日

『グレートホワイトハイプIPA』

2017-03-23-21-04-16


以前ご紹介の『ドント ブレーク ジ オート』 スウェディッシュスタウトをつくるスウェーデンのブルワリー『CAP』でつくられるホワイトIPA 『グレートホワイトハイプIPA』です

洋梨、マンダリンオレンジのフレーバーにピリッとしたベルジャンイーストのスパイス感、ホワイトの爽やかさと、ホップの苦みが広がります

この怪物風のラベルもインパクトあっていい感じですが、もう一種流通してるラベルがあってそれは、ムーミンそっくりの、でもクジラかな?というトロール系ですが可愛い感じ

264314-b

 
ジャガトに入荷しているこっちのラベルも個人的には可愛い!と思うんですが、女子受けはもう一つのバージョンですかね 
昔ニコロデオンでやっててよく見てた『ぎゃあ!!!リアル・モンスターズ』に出てきそうな感じで・・・

image01


ホップが効いたのが飲みたいけど、あまり主張が強くない、でも美味しいのが飲みたいときにぴったりだと思います 









2017年04月03日

『オクトモア 07.1 スコティッシュ・バーレイ』

2017-03-02-22-51-19


『オクトモア 07.1 スコティッシュ・バーレイ』のご紹介

昨年リリースされたオクトモアの07.1です 飲みたい、という方がいらっしゃったら開けよう、て感じでストックしてたもの 先日、ご希望の方がいて、開栓しました

フェノール値は208ppm! 『アードベッグ スーパーノヴァ』が100ppmで、それでも相当なピート感、スモーク感でしたが、208ppm、倍以上のピート感の強烈なウイスキーに仕上がっています 

また、スコットランド産の大麦のみを使用しているのも特徴、になってますが近年はスコットランド産の大麦麦芽を使う割合はかなり増えていて2010年のデータでもウイスキーづくりに使用された大麦麦芽の93%以上がスコットランド産だそうです なので、特徴といえば特徴、ですが、それほど珍しいことではないような気もしますね

208ppmというのは、これまでリリースされたオクトモアの中でも最強なんじゃないかと思いますが、飲んでみると強烈なピートスモークの中にピートや麦芽の持つ優しい甘みみたいなのも感じられると思います 生姜や白コショウのピリピリした感じと焼きたてパンの甘みみたいな風味が面白く、インパクトだけではなく結構おいしく飲めるウイスキーじゃないかな、と思っています

オクトモアはご存知の方も多いと思いますが蒸留所名ではなくて、アイラ島、ブルイックラディのつくるヘビーピートモルトの名前になります

ブルイックラディ蒸留所は、ヘブリディーズ諸島、アイラ島の⻄海岸沿いにあります アイラを訪ねた時は休止中で、一応蒸留所前まで行きましたが人影もなく、寂しい感じでした

その一年後に、その時ボウモアでお会いしたジムがメインになり復活するとは、思いませんでしたね
それ以降、しばらくストックリリースも含め、ジムのつくる、リリースするブルイックラディのウイスキーは常に注目されてきた気がします 蒸留や熟成のコンセプトが斬新で、これまでにないモルトウイスキーづくり、リリースの仕方、アプローチの仕方が面白く、個人的にもいつも注目していました  
  
2年ほど前にブルイックラディを辞め、ウイスキーづくりの現場から引退したと聞いていたジム・マッキュワンですが、最近の話ではボトラーズ、ハンターレインがアイラ島の北東部に2018年操業予定のアードナホー蒸溜所のプロダクションディレクターに就任するらしく、大変楽しみです

どなたにもどうぞ!というタイプのモルトではないですが、体験としても是非お勧めですので、興味ある方はお試しください 『オクトモア 07.1 スコティッシュ・バーレイ』¥2000

 

 

2017年04月02日

『サイレン クラフトブリュー サウンドウェーブIPA 』

2017-02-18-19-44-07


サイレン クラフトブリュー』は、イングランド、レディングの南に位置するクラフトブルワリーで、
オープンした2013年にratebeer.comの「新設ブルワリー世界2位」に輝きました

また、翌年には英国No.1ブルワリーに選ばれ、品薄のためなかなか輸入が出来なかったそうですが、最近入荷が始まりました

こちらの『サイレン クラフトブリュー サウンドウェーブIPA 』は、コアアイテムのウエストコーストIPAで、IBU(苦み)は70と高めです シムコー、コロンバス、チヌークの3つのUSホップによる、グレープフルーツ、ピーチ、マンゴーのフレーバー どぎついホップ感のus ipa系ではなく、伝統のuk ipaを洗練させた雰囲気のビールに仕上がってます

ratebeer97点の高評価です


Shop Info.
Archives
Recent Comments
Japanese or English